こんにちは マイボートでの釣りブログはじめました
回転盤(スイベル)加工

ボート艤装 固定シート(イス)を回転式に変更

  • 2020年10月1日
  • 2020年10月1日
  • ボート
  • 124view

釣りに行った様子のブログはアップしていませんが現時点で3回ほど明石方面に行きました。
写真は全く撮っておらずブログのネタにすらなりません。
今後、少しづつアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

シート(イス)を回転式にしたいと思ったきっかけ

さて、何度か釣りに行き操船しながらの釣りで我がYF-23の不便な点がいくつか見つかりましたので随時艤装を施していきたいと思います。
今回、釣りに行って1番思ったのが釣りしながらの船の操船
イスが邪魔になりアクセルレバーやハンドルに手を伸ばしにくいのです。
シート(イス)これが完全固定で体を割って間に入るのも難しい状況です。
それでイスを回転式にしたいなと思い色々と模索しておりました。
最初に見たのがこれダンパーシート
ダンパーシート
事務所のイスなどによく付いてるやつです。
高さ調整も出来つつ、しかも回転式
しかし高い2万円ほど・・・

次に思ったのが、じゃぁ事務所のイスで要らないやつのを抜いてイスは無理矢理くっつけ下の土台だけ買えば何とかなるんではないか・・・
そう思って土台だけを探したのですがこれもまた高い1.5万程度
うーん何かいいものがないかとネットを調べていたら回転盤(スイベル)という名のものが見つかりました。

国産に決めた理由

回転盤(スイベル)をネットで検索すると色々なものが出てきます。
プラスチック製、アルミ、鉄、ステンレス
価格もピンキリです。
私てきには初の艤装ですから失敗するかもという思いもあり予算は3,000円ほどで考えておりました。
こうなるとステンレス製は高く断念。
逆に安いやつだと1000円弱であるのですがレビューを見るとベアリングの玉が落ちただの回転が硬いだのでchina製はちょっと不安
そこで見つけたのが国産のこれです。

レビューを見ても特段悪い評価は無かったのでこちらに決めました。
一応簡単にネジ穴の位置測って買ったのですが5mm程度ずれてました。
そこはドリルで穴をあけ加工

そして物を見て気づいたのですが、回転盤中央のネジ部分ネジ穴より少し高さがありました。
普通にネジを締めると中央突起部分が底に当たり回転しません。
そこは長めのネジとボルト、ワッシャを買って高さ調整をしました。
ちなみにワッシャ2枚とナットでかさ上げしました。

これで取り付け設置完了
作業時間は2時間あれば出来るのでしょうが、ボルト、ワッシャ買ったり、回転盤(スイベル)に穴開ける用のドリル(先っぽ)買ったりしたので2日を要しました。
回転するのも軽く滑らかです。

 

その後、釣りに行き使ってみましたが快適です。
釣り場へ向かう運転中、固定されていないことで不安定になるかなと思いましたがそれほどでもありませんでした。
ちなみに購入したのは楽天市場で下記の商品です。

 

ブログランキングに参加しております。
クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ プレジャーボート釣りへ
にほんブログ村


ボート釣りランキング

スポンサードリンク