こんにちは マイボートでの釣りブログはじめました
jeis免許進級

ボート免許進級しました

  • 2020年8月4日
  • 2020年8月25日
  • ボート
  • 66view

ボート免許を取ったのは確か16歳くらい
親父も釣りが好きで貸し船を借りて釣りに行きたいからということで当時取らしてもらいました。
それから何度か貸し船を借りて釣りに行ったりもしましたが、ウェイクボードにハマり友人と共同購入で船を買い青春を満喫してました。
その後、釣りを含め5年ほど乗っていましたが売却し船に乗る機会もなかったのでほったらかしたまま失効し現在に至りました。

スポンサードリンク

四級小型船舶免許

当時の免許
四級小型船舶免許
その後は年に2回ほどあるボーショーなどは見に行ったりもしてましたが購入に関してはいつかお金持ちになったら買いたいな っていう程度でした。
しかし、以前にも書いたように知り合いから格安の係留場所を紹介していただいて今回の購入にいたりました。
そういうことでボートの免許を更新しないといけないわけで本来なら二級の小型船舶ですが、どうせお金を出すなら一級を取ろうと思い進級にて更新しました。

一級小型船舶進級コース受講

ネットで色々と調べ価格が安くて尚且つ直近で受講できる所
免許更新・失効コースはほとんどの所がやっているのですが進級コースに関してはやっていないところも多々ありました。
またコースによっては自宅もしくは会場で勉強し後日、国家試験を受けるコースもありましたが、私は何せブランクもありますし、改めて学びたいですし年齢も年齢なので国家試験免除のコースを受講しました。
国家試験免除コースは最終試験当日、どうせ回答を教えてもらえるんでしょって思ってました。(試験時間は全くの無言で通常の試験と同じでした)
そんな中、家からも近く直近でやっていたのがJEISという所
早速電話で日時が空いてるか確認し空いているとのことでしたので近所の病院で身体検査をしてその証明書と必要書類を添付して申し込み当日に送りました。
進級するにあたって必須となっているのが12時間の講習と試験
実質丸2日かかりました。
jeis免許進級
授業は朝の9時半から17時半まで
そんな長時間授業ずっと座ったままで睡魔に襲われて耐えれるか心配でしたが全く心配いりませんでした。
これから実際に乗りますのでしっかり聞かせていただきましたし授業が退屈ということは全くありませんでした。
今の時代ほとんどの船にGPSがついていて海図なんて見ないんでしょうけど海図の授業も楽しかったです。
今回、授業を受けられた人は全員で10名ほ今回少し多かったようです。
普段5名程度らしいです。
二日も一緒なら生徒さん同士、少しは仲良くなるかなとも思ってましたが、全く話すこともなく終わりました。(私だけじゃなく周りも話していませんでした、コロナの影響もあるのかな・・・)

試験当日

授業は丸一日と二日目は9時から14時まで
そして15時半頃から試験
14問中確か8問正解しないと合格できません。
テストを開始してからは試験官が前におり基本一言もしゃべりません。
黙々とテストをこなすだけです。
ただ、攻略としては海図の問題より先に文章問題を解きその後ゆっくりと海図に時間を当てるというやり方は教えてくれましたのでその通りに
最短20分で教室を退室できるのですが、海図の問題3問を解くのに30~40分は必要です。
試験終了時間まで誰一人退室することなく終了しました。
私も海図問題3問解いて少し時間があまりましたので一応文章問題も再確認し終了時間まで過ごしました。

試験回答

試験の回答(4択)は試験終了後、1階出入り口付近に貼りだされます。
問題は持ち帰っていいのでそれに答案用紙と同じ答えに印をつけておきます。
答え合わせをした結果、海図問題の53だったかな、一番難しいとされてるやつ
これ間違ってました。
他は全問正解していたので多分無事合格しているでしょう
8月4日現在まだ何も通知が来ていないのでわかりません。
とりあえず、ホッとして家路に帰り、夕食はスシローでご苦労様会をしました。
ちなみに授業1日目は家に帰って3時間程度復習してましたよ。
さて、次はボートを大阪に運ぶ手配です。

ブログランキングに参加しております。
クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ プレジャーボート釣りへ
にほんブログ村


ボート釣りランキング

スポンサードリンク