こんにちは マイボートでの釣りブログはじめました
廻送完了

廻送完了

  • 2020年8月18日
  • 2020年8月25日
  • ボート
  • 101view
スポンサードリンク

陸送トラックの下準備

ようやく廻送するマリーナも日程も決まりホッとしているのも束の間
一週間前になり週間予報を見てみるとどうも風が強い予報
予定では7月28日の予定だったが最悪一週間くらいずれそうな感じ
うーん、これでは陸送の手配すら出来ません。
その間に陸送出来そうな会社を改めて見繕います。
陸送出来るようなトラックを持っている会社はたくさんあるのですが、今回は船台が無いのでボート専用の陸送をやってくれる会社に絞るとあんまりありません。
逆に選択肢が限られてるので選別しやすいです。
この時点で5社ほど選択。
そして今度は大阪側の受け入れ先
当初は決まっていたのだが8月初旬にクレーンのメンテナンスが入るとのこと。
連絡を貰った時点では陸送日が決まっていなかったのでメンテナンスをこちら都合で遅らせるわけにはいかないので一旦キャンセルさせてもらった。
改めて探すと今回大阪で係留する場所から近い場所のマリーナが受け入れてくれるとのこと、船底の修理と塗装も含め大丈夫。
やれやれ、個人間で買うとこんなに大変なのか(笑)

廻送の日

7月27日前日、どうやら風が強いようなので28日は無理っぽい、29か30日なら行けるかもとのこと
確かに予報を見ると10ktの風が吹いている。
安全第一だし無理は言えない。
しかし、今まで嫁の都合で7月28日しかないと言っていたのに次の日もしくは30日も行けるなんてどういうことだろう
それならもっと早く廻送日を出来たんじゃなかろうか・・・
確か月が替わればマリーナ代が新たに掛かると言われてたのでその加減なのか今さらとやかく言っても仕方ないので大人な対応。

廻送日当日

29日になり今日は海上は荒れてなく行けそうとの連絡を8時過ぎに受け10時以降から陸送会社に電話する。
最短でいつ運べるのか?
どうしてそんなに急ぐかというとお盆の兼ね合いもあるしマリーナでは1日の保管料が2,000円ほど掛かる、仕方がないと言えどもメンテナンスをしているわけでもないし完全な無駄金だ。
少しでも早く引き取って欲しい。
何社か見積もりと最短日を聞く
やはり東京にある会社だと翌々日くらいと対応が早い、しかし価格が高い。
一番最安値は当初、陸送を考えていた会社に改めて連絡し最短ではいつか確かめる。
すると8月4日とのこと6日間ある。
しかし陸送代と6日間の保管料を足しても他社と比べると圧倒的に安い。
ということで最安値の会社に決めました。
会社名は出していいのかわからないのでここでは伏せておきます。
これでようやく全てが整った。
両社のマリーナ、陸送の手配これだけでかなり精神的に疲れました。
先方のマリーナに到着した時の様子の動画を送ってもらったのですがすっかり保存するのを忘れていていた。
見苦しい写真だけどこんな感じです。
廻送完了

ブログランキングに参加しております。
クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ プレジャーボート釣りへ
にほんブログ村


ボート釣りランキング

スポンサードリンク