こんにちは マイボートでの釣りブログはじめました
電動リールコンセントDIYで製作02

電動リールコンセントDIYで作り設置まで その1

  • 2020年11月9日
  • 2020年11月9日
  • ボート
  • 412view

何度か釣りに行き、不便なものであったり、これがあったらいいなが少しずつ見えてきました。
過去ツインバッテリー化、ライト、カーラジオ取り付けをやってきたのですが、今は電動リールコンセントの作成&取り付けに励んでいます。

スポンサードリンク

電動リールコンセントが必要と思ったきっかけ

基本釣りに行く時、私は運転しながらの釣りがメインになるため電動リールを使用します。
そして息子や弟が行く際にはもう一台電動リールを使用します。
基本的にバッテリーは1台で足りるのでしょうが釣り座が左右わかれるためバッテリーは2個持っていきます。
前回の釣りで息子と二人で行った時に少しでも荷物は減らしていったのですが、それでもバッテリーは2個持って行きました。
まぁ、そのバッテリーが重いこと・・・
そんな訳で以前ツインバッテリー化したのでそこから電源が取れればいいなと考え今回電動リールのコンセントの設置を考えました。

電動リールコンセントDIYにて製作

電動リールコンセント色々と調べていたのですがメーカー品で約1万円程度、メルカリなどで自作しているのが3,000円程度で販売されてます。
他にもググってみると自作で作ってる人も多く1個1,000円程度で出来るとのこと。
出来れば釣り座の後部デッキ左右と前方に1つ合計3つ欲しいと思いましたので自分で作ることにしました。
とりあえずは2個作ってみることに

買ってきた材料

電動リールコンセント部品

さほど難しい部品は要りません。
プラスとマイナスの棒があってそこへ電気を流す。
あとは濡れにくくサビにくいようにして見た目をスッキリさせればいいだけです。
すべてホームセンターコーナンPROで揃えました。
価格は地域お店によって違うでしょうが参考に電動リールコンセント1つの価格です。

ブレカーボックス@498
電線黒1m@78
電線白1m@78
ボルト2個@160
ネジ2個@56
ワッシャ4個@24
電気端子2個@36

ざっと1個作るのにやはり1,000円以下ですかね。
あとはブレカーボックスにドリルで穴を開けて作っていくだけです。

電動リールコンセント製作

電動リールコンセントDIYで製作01
ブレカーボックスの裏面はデコボコして穴を開けにくかったのですがヤスリなどを用いてなるべく平らな面を作りました。
端子の配線部分は水がかからないようにコーキングしました。コーキングは以前のやつが余ってました。

電動リールコンセントDIYで製作02
今回プラスマイナスの棒をどのように取り付けるか色々と考えていたのですが棒を上下にするより前に突き出した方が電動リールのケーブルを接続した際、ケーブルが真下に垂れ下がるためケーブルへの負担が少なく突き出す形にしました。
またプラスとマイナスを段違いにしたのはプラスとマイナスの左右の間隔がさほど広くなく万一プラスとマイナスが接触した際、ショートする可能性もあるため段違いにすることによりその可能性を低くしました。

電動リールコンセント取り付け

電動リールコンセント自体は1個完成したのであとはどのように船に取り付けていくか現在思案中です。
出来るだけ船に穴を開けたくないですし、配線の取り回しも綺麗にしたい、そしてスイッチ・ヒューズを通して電源を取りたい。
3つ同時のスイッチ・ヒューズにするべきかなどなど配線の接続に悩んでますが少しずつやって行こうと思います。
バッテリーを毎回持って行く日の開放を願って・・・

ブログランキングに参加しております。
クリックよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログ プレジャーボート釣りへ
にほんブログ村


ボート釣りランキング

スポンサードリンク