ウエルスダイナミクスというセミナーに行ってきました

久しぶりの投稿です。
先日、ウエルスダイナミクスというセミナーに行ってきました。
ウエルスダイナミクスの説明については簡単に書きますが、詳しく知りたい人はググってください。
心理学に基づいて人は8つのタイプに別れるそうです。
大きく分けて4つの区切りがあり上下が直感的、五感的。
左右が内向型、外向型。
というのに分けられるそうです。
ウエルスダイナミクス01

例えば、コツコツやる仕事が好きな人も居れば、新しいことをどんどんやりたい人もいる
フランチャイズ展開に長けている人も居れば、ディズニーランドのようにその1つのものを大きくすることに
長けている人がいる。

成功は人それぞれ、やり方があり自分のタイプに合ったやり方でないと成功しにくいとのことなのだ。
成功者によっては真逆のことを言っていることもある。
例えば
ウォーレンバフェットは
「忍耐と性格が富を生む」

スティーブジョブスは
「革新が富を生む」

と言っているそうです。

自分の周りでも、思い当たる節があるのではないでしょうか?

そう言った成功本やセミナーなどを真に受けやっていると
自分と合っていないやり方ですると成功しにくいとのことだ。

例えば、マイケルジョーダン昔は野球をやっていたが、それほど有名ではなかった。
しかし、バスケットボールに移ると一躍、超一流の選手になった。

ようは、自分に合った戦場で戦わないと、成功は望みにくいということだ。

そしてこのウエルスダイナミクスというものを使って、自分はどんな人間なのかを知り
その特性を活かし、自分に無いものを他の人で補おうというものだ。

まず、富というものについて簡単に説明する。
富とは何ぞやということだが

富はお金では無い。
お金は自分の生活レベルに合わせて増えたり、減ったりする。
宝くじに当たった人が1年以内に大部分を失う確率が高いのも身分相応では無く
ついつい浪費してしまったり、無駄なものに投資して誤った方法で使用しているからだ。

反対に真のお金持ちから全財産を奪ったとしても、その人らは驚くほど短期間で元通りのお金を
得ることが出来る。

富とはつまり自分が所有するお金を全て失った時に残される物の事です。

知識だったり、経験だったり、才能、仲間など

富の方程式
富=自分の価値*他人の価値

わかりやすく川で例えてみよう。
川ってなんでしょうか?

水?

違います。

その水がなくなったら川っていいますでしょうか?

川とは2つの性質から成り立つものです。
落差、高い所から低い所へ、そして幅です。

これと同様にお金のフローも富によって決まります。
お金は価値の違いが存在するところで流れが生まれます。
高い価値から低い価値に向かって流れます。
価値とは川の高さであり、フローは常にレバレッジ(他人の価値)の効果によって決まります。
レバレッジとは川の幅とイコールになります。

例えばペットボトルの水
あなたは山に汲みに行きますでしょうか?
ほとんど行かないですよね、自販機やコンビニで買いますよね。

世界中のお金持ちは価値を創造して、レバレッジを使うことによってお金のフローを作りだしています。
そしてその方法が皆、ウエルスダイナミクスの8つの方法のうちの1つを用いているのです。

今回、ざっとこのような話を聞いてきたのですが、すごい納得できる部分があり
自分を知ることができ、何が足らないかも少しだけですが見えてきました。

本格的はテストは近日中に受けるのですが、講師に言われたのが私は多分「クリエイター」だろうとのことです。

クリエイターの強み
理想主義
創造力がある
楽観的
刺激的
まわりの人たちに活気を与える
可能性にフォーカスする
視点が高い
物事をスタートさせるのを得意とする

クリエイターの弱み
時間の意識に欠ける
まわりの人たちの達成能力を楽観しすぎる
指示・表現が大まか過ぎる
予算を度外視する
ルーチンワークを好まない
物事を完了させるのを苦手とする

(ウエルスダイナミクスオフィシャルサイト参照)

とのことだけど、当たっている部分が大きくある。

だから、その弱みの部分を一生懸命やるより、自分の強みを活かして弱い部分はそれに長けている人で補おうというのが
ウエルスダイナミクスということらしい。

簡単にテスト出来るみたいなので、やってみると面白いですよ。
http://jwda.org/index.html

だから、最初に言った自分に合う成功本やセミナーに行かないと成功しにくいというのは
このことだと思う。

私自身ももっと自分をしり、そこを徹底的に磨いていこうと思う。