楽天SEO観察

こんばんは。
夏最後の週末ですね。

ここ最近ホットな話題の楽天アルゴリズムの変動。
こればかりは誰も正解がわかりません。
googleアルゴリズムも誰も正解がわからないのと同じです。

多くの店舗がトライ&エラーを繰り返していると思います。
先月のえげつない変動時にはさすがに検索結果がパニック状態になってましたが、
少し戻って現在もやや流動的です。

実際、検索結果が大幅に落ちて、売上の損失に至った知り合いも数名います。

しかし、アルゴリズム変動の事を何も知らず、検索結果も落ちず、売上も伸びている知り合いもいます。

その結果、あまりジタバタしない!という事です。
SEOに絶対はありませんし、日々進化していくので、当たり前の事をコツコツやっておく。
というのが結果オーライに近いと実感しています。

当たり前の事とは、「h1」や「Alt」、テキスト説明などです。
そしてお客様の事を考えて見やすいように店舗内回遊を作れば内部リンクも増えます。

同じ商材で、A店とB店を比較したところ、
常に上位のA店は内部リンク100。
B店(自店舗)は内部リンク13でした。。

これが全ての原因では無いですが、A店は適度なテキストに適度な検索単語。
かたや、画像をバンバン貼っただけのページ。

楽天にはモール独自のアルゴリズムがあるとはいえ、基本に沿ったページ作成は、
googleもモールもページ内の情報を拾って、その結果、反映するというのは同じ。

急ぐべからず。
1商品づつ焦らずきっちり出品することが後で作り直す手間より数倍恩恵を受けます。

まあ、時間に追われてるのも事実ですが(~_~;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA