売上予測は大体予測できます

おはようございます。
今朝は初秋を感じさせる涼しい気温の大阪です。

昨日は市場が休みだったので、今日はいつも通りターレーットが忙しく動いてます(^_^;)

さて、扱っている商材によって動く時期は各店舗それぞれだと思います。
繁忙期のある商材、無い商材、一長一短ですが、毎月の売上というのは確保していかないといけません。

なかには12月に1年分の利益を上げて、あとは暇!というおせち屋さんもいました。
それが事業として成り立っているのならいいですが、基本的に毎月、損益分岐点を超える売り上げは必要です。

ネットショップ専業の場合、売上確保は死活問題ですが、一番やってはいけないのは、
「今月売り上げが少ないからポイント!広告!」という焦りの行動かと思います。

売上が下がったりするのには、必ず原因があります。

その原因を探る事も、予測する事もすべて数字です。

日々のアクセス数というのは店舗の力量を示します。

売り上げの公式「アクセス×客単価×転換率」

このすべては簡単に調べられるので、これをしっかりチェックしていれば、
来月の売上予測も立てれますし、下がっても、原因がわかっていれば、
「じゃあ何を今しないといけないのか」というのがわかります。

詳しい事例などは、また順次記事にしていこうと思います。

今日は勉強会!
学ぶ事も大切です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA