モールSEOと一般SEOの違い

こんにちは。
ネットショップ運営で楽天市場に出店されている人も多いと思います。

かなり話題になったのでご存じの人も多いと思いますが、先月頃から楽天の検索アルゴリズムが大幅に変更されて、
てんやわんやの店舗様も多いはず。

私の周りでも、いきなり検索結果が下がったという声を数人から聞きました。
その結果、売上減になっている店舗様も多いみたいです。

大幅な変更から、さらにまた変更があったりと、情報も錯綜しているため、
確たる方法はもちろんありません。

が、簡単な話、お客様が欲しい商品を探すときにスムーズに辿りつけるように、というユーザビリティ向上が目的です。
google検索においても、不要なコピーサイトやアフィリサイトなど、どんどん検索結果から外されるようになってきています。

その中で、モール内のSEO対策と、一般検索エンジンのSEO対策は大きく方法が異なります。

モールSEOをそのまま一般検索エンジン対策にしたら順位が上がるどころか下がる可能性すら高いです。
しかし、その中でもSEO全般として共通してやらないといけない対策も多いです。

画像のALTとか。

結構面倒な時もありますが、画像検索されたときに、ALT入ってないと全く結果に反映しません。

知り合いのショップのWEB担当者は、地道なSEO基本施策を最初からやっていたため、今では自然流入からの購入者も多く、変な情報に左右されていません。

「商品ページをとりあえずアップするという方法なんて結局時間の無駄になる」と言われました。
確かその通り。
100%の力で1商品アップに最初全力で取り組めば、1年後に修正がいるときでもすぐ完了します。
「後で直そう」という考えでは、結局ほかにもやることありますので、忘れたまま1年過ぎるという事も多いです。

SEO話から少しずれてしまいましたが、続きはまた書きます。
これから勉強会に行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA