小規模事業者持続化補助金のお手伝いします

こんにちは
小規模事業者持続化補助金の3次があるようです。
7月3日から受け付け開始したようですが締め切りが7月31日
今日は7月11日だからあと2週間程度。
かなりハードなスケジュールとなっています。

先日、知り合いの社長さんと補助金の話しをしていたら話しは聞いたことあるけど「書類とかややこしいやろう」と

そうなんです、助成金の種類にもよるのですがめちゃめちゃ難しいのもありますしそれほどっていうのもあります。

今までも私自身できるだけ自分で申請をやっていました。
若年者雇用の助成金やらキャリアアップ、正規雇用転換なんてのもやりました。

正直、他分野的なことなので時間がかかります、幸い弊社は福島区と梅田に近いこともあり何度も足を運びハローワークやら助成機関からアドバイスをもらってやり、この手の書類には慣れました(笑)

今回の小規模事業者持続化補助金ですが、こちらは雇用の助成金と違って申請すれば必ず貰えるものではありません。

小規模事業者持続化補助金は極端に言うと書類に間違いや多少の不備があっても申請出来るということです。
雇用の場合は少しでも間違いや抜けがあると受け付けてもらえません。

小規模事業者持続化補助金は採択という落とすことが出来るので全てを採用にしないのです。

ということは書類をしっかり書かないと採用されないということなのです。
しかも、件数(予算)が決まっているので、ライバル(申請者)よりいいものを書かないといけないんです。

今回、期間もあとわずかですが、小規模事業者持続化補助金を受けたい方に対して申請代行をさせていただきます。
弊社は現時点ではこれを事業としていないので、依頼者完全ノーリスクでいいかと思ってます。
採択された場合のみ、20%いただければと思ってます。

弊社で今回とったのは雇用増加の100万円で採りました。
もちろん通常の50万円コースでも結構ですし、そこはご相談いただければと思います。

希望の方は詳細を小規模事業者持続化補助金【申請書作成代行】のページに書いていますのでご覧ください。

手付け金はお預かりしますが、不採用の場合は全額返金しますのでご安心ください。
採用された場合のみ差額をお振込みください。

ただし、書類作成1回目からそれなりの書類を作りますので、キャンセル(手付け金返金)は出来ませんご了承ください。
というのも最寄り商工会に依頼者さんが足を運んで書類のアドバイスや商工会承認印を受けるのですが、ここだけ直せばいいとか簡単なアドバイスで終わるように書類を作りますので、ここまで出来ればあとは自分でという方も居るかと思いますので、このような方法を取らせていただきました。

また、今回書類代行につきまして完全なまる投げでは出来ません、場合によっては私とも何度か事業についてお話ししていただかないといけないかもわかりませんし
商工会に足を運んでいいただくのは依頼者さんになります。

一緒に採択を取りにいくというのをご理解ください。

今回は宣伝っぽくなりましたけど、2/3の補助で50万円出ます。
75万円の販路開拓費を使い実質負担25万円で済むのですから本当に売上げ伸ばしたいとか考えているのでしたら私を利用するしない関係なくやられた方がいいです。

せっかく税金払ってるんですもの、有意義に活かしましょう

小規模事業者持続化補助金【申請書作成代行】はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA