他力本願の売上げではなく本質をついた売上げを

今年もあと1日

毎年年末の売上げは平均月の3倍程度あるのですが
今年は売上げ的にはダメでした。

弊社は年末におせちに力を入れて販売するんです。
今年はメーカーさんの在庫が12月22日時点でほとんど無くなってしまい、きわきわの31日まで販売することが出来ませんでした。

今回は1月2日まで営業すると決めたのに・・・
しかも1月3日から1月12日まで10連休と11月時点でスタッフに宣言したので、今さら変えるわけにも
行かず、1月の売上げも低いのがわかっているので、ちょっと厳しい状況です。

さて、このように結果は1つです。

ある考え方は
例年より売上げは下がり、しかも利益もかなり取れる月なのに今期は赤字になるんじゃないか
1月も半月やすみだし、売上げがたたない。
今さらながら、1月の休みを1月4日までとし5日からでも営業した方がいいのではないか?
そんなマイナス的な考え方ができます。

もう一つの考え方ですが
私は最近の成功の9ステップの勉強で学んだことを活かしました。

今まで売上げが上がっていたのはメーカーにたまたまおせちが余っていて
それを販売させていただいたから売上げが上がった。

弊社が1年を通して売りたいのはハッピーカラフルーツと果物詰め合わせ。
昨年も年末おせちを販売していたが途中、在庫がなくなり売上げが下がった。
昨年に予兆があったではないか。
しかも今年はほとんど余剰在庫が無く、来年以降も同じような売り方をしていたら毎年12月の売上げ予測が他力本願になってしまう。
だから、来年末以降はこうならないように、1月からハッピーカラフルーツと果物詰め合わせの強化を行い平常月からも売上げアップを図る機会を与えられた。

こういう風に考えるようにしました。

他力本願のメーカーの在庫ありきでは無く、弊社のオリジナル商品を販売していくと。
早速、今では毎日のように会議をして商品企画をしています。
バレンタインであったり季節のイベントに合った詰め合わせ、ハッピーカラフルーツを考えてます。

明日はじゃぁどうやって企画を考えていくかを書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA