2009年8月10日に書いた夢 叶っているのか? その2

昨日の続きを書いていこうと思う。

■やりたいことを全て成し遂げた時の達成感。何が自分のまわりに見えますか、聞こえますか、どんな感じ?
まわりの協力 社員の力
社員の活気のある会話
私が居なくても会社は存続していく

みんな自分のために生き、決して流された生き方をしていなく充実した日々を送って欲しいと思います。
活気のある会話、みんな私の後に続けと頑張っている姿が目に浮かびます。
これは私の願望なのでしょうね。

■ミッション 自分の命があと半年だったら
嫁への感謝の気持ち 
行動
具体的には皿洗ったり選択をしたり
会社を大きくしたいというよりは中国、アメリカに進出したい。

感謝の気持ちはあるんだけど、行動でしめせと言われて実際できるのであろうか正直、自信が無い。

余命が半年だったら海外進出というより
売上げの土台をある程度作って、少しでも社員が途方に迷わないようにしたい。

目標
39歳
中国との商売の繋がりを持つ 中国語を多少
40歳になるまでには日本から中国に向けての輸出

~40歳
事務所移転
食品部門はそのままで海外部門は本町に移転
助成金をうまく使う

~42歳
海外に営業所を作る
中国は早めにアメリカには少し時期を遅らせて

~50歳
日本が住みにくいなら海外で永住

2014年12月現在44歳です。
39歳の目標
中国とのつながりは今もあり、ハッピーカラフルーツの資材関係を今でも中国から輸入している。
輸出は全く行っていないし、今後も輸出は遠い将来考えているが、中国には考えていない。(規制が厳しいから)

~40歳
事務所の移転はさらに市場の近くに出来た。
これは思考が現実化したのかもしれないが、奇跡の移転だった

~42歳
こちらは全くできてない。

~50歳
海外での永住は今も考えているが60歳くらいかなと思う。

以上、5年前に書いた事を検証してみた。

成長し、現実化出来た部分もあるが今となっては目標が変わった部分もある。
また、近日中に2014年に決めた夢、目標などを書きたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA