SNSからの集客は新しいWEB集客

オンラインtoオフラインと言われるようになり、
リアル店舗さんが積極的にWEBからの流入を図っています。
ラインとか有名ですね。

昨日、SNSを利用して初のリアルでの集まりが実現しました。
簡単なカフェ会という形式でしたが、全く知らない人同士が、
ネットでの情報を共有して顔を合わせるなんてことは、
昔では考えられませんね。

情報の発信は完全にWEB活用がキーポイントです。
これはネット店、リアル店関係なく誰でも可能です。

コンテンツマーケティング

コト売り

などよく耳にしますが、一つのコンセプトを通して情報共有だけでなく、
そこから発展する繋がりの可能性を示すいい結果でした。

しかし、ここからが肝心。

もちろん趣味でもないので、仕事としてどう進めていくかというのが我々事業者にとっては重要です。

遊びのオフ会じゃないので・・

情報発信のためのコンセプト作りや露出も時間という労力を要しています。
この労力を事業収益とする次に大事なことは「継続」と「発展」です。

趣味は横一線で進めればいいですが、
事業は縦に伸ばさないといけません。

また、結果報告もEコマース情報として掲載します。

アウトプットできない悪循環

おはようございます!
3連休前なので売上も減っています。
理由が分かる、予測できる売上の増減は特に問題はありません。

頭を悩ますのは対策をした結果が思惑と違った後、
ここでどうゆう方向に目を向けるのかに取り組まないといけません。
悩んだ時に、多くの人が情報を探しますよね。

どの業界でもそうですが、昨今では情報が溢れかえっているので、
どれもよく聞こえてしまうものです。

売上が落ち込んでくると、モチベーションも下がってしまう場合も多いです。
常に打開策のアンテナを張っているのはいいことですが、そのキャッチした情報が、
本来の目的と異なった場合、遠回りしてしまう結果になることも。。

「○○にはこれ!」
「これからの新しいツールは○○!」など、
色んなセミナーが開催されたりしています。

外に出て、インプットするという事は、動きの激しいEC業界にとっては、
非常に重要な事ですが、芯がブレている状態で色々参加すると、
参加しただけで結果が出たつもりになってしまったり、ノートをとったり、
撮影したりはしても、それをアウトプットできずに、次から次へと入ってくる情報に、
情報が埋もれてしまうといった悪循環が発生します。

売上は「客単価、転換率、アクセス」!
この王道の3つかしありませんし、全ての商いに言葉は違えど共通する方程式です。

取り組めるのは、せいぜい1種!
まずそこを決めて進んでいかないと、どれを学んでいるのか、
どれが優先なのか分からず、結果的に情報に疲れるといった事になりかねません。

流行商材、検索商材、型番商材で無い限り、現在のEC業界で突然売上が跳ねあがる事はありません。

現実と現在をよく把握して、必要なセミナーや勉強会を掘り下げていきましょう!

ビジネスモデルとは儲ける仕組みという事

セミナーや勉強会などに出ていると「ビジネスモデルは何ですか?」という
話や議題がよく出ます。
「弊社は○○を販売してこういうお店を目指しています」という返答が多いですし、
私自身も特別それ以上掘り下げた意識はありませんでした。

しかし、最近になって商いとして当たり前の事である、
「商売人は儲けるのが仕事」という事を思いなおす機会が増えてきました。

粗利が高くても金額が低ければ大量に販売しても儲かるとは言い難く、
自転車操業になるケースも多いです。

「こういうお店を目指しています」というのはブランディングであって、
ビジネスモデルとしては間違っている、又は困難という事を意識していない人が多いです。

いくらいい商品を販売して、お客様に喜ばれていても、
儲けられる仕組みになっていなかったら、いずれ破たんします。
そうなると、お客様へのよりよいサービスも実現せず、倒産すればファンを裏切る事にもなります。

「粗利けっこう取っているよ」というお店も聞きますが、
簡単に書くと6000円の商品で粗利50%3000円より、
50000円の商品で粗利30%15000円の方が儲かっています。

そんな商材なかなか無いよ!
とかは問題ではなく、ビジネスモデル(儲かる仕組み)を構築、勉強、模索して、
出来ないならビジネスモデルにもなっておらず、自己満足の事業で終わりという事にも繋がりかねません。

そんな会社を何社も見てきました。
いくら愛着のある商材でもニーズと市場調査を冷静に分析し、将来性を考えないと、
永遠に自転車操業となります。

最近では、1件の販売(発送)にかかる時間をトータルで考えて、
本当に儲かる仕組みになっているのか、考え直す勉強会などもありました。

実際は5000円程度粗利があると思っている商品でも、
冷静に見ると3000円程度にしかなっていない事もあります。

ビジネスモデルがあり、ビジョンを明確にしてブランディングしないと、
個々の作業だけ考えてもいずれ潰れます。