ジェームス・スキナー 1日ライブセミナー 人生の選択(その3)

ジェームス・スキナー 1日ライブセミナー 人生の選択(その1)
ジェームス・スキナー 1日ライブセミナー 人生の選択(その2)

1日かけて学んだことはざっくり言うとこんな感じだ。

その道で成功するには成功者しか知らない違いを知り、それを実行すれば健康であっても、人間関係であっても、ビジネスでも成功するということだ。
レシピを知るということだ。

今日これからの人生のストーリーを意識的に考え、それに基づいて行動すること。
この2つを意識して日々勉強し、行動計画を立てて行きたいと思う。

セミナーのお昼休みの時にご飯を食べながら友人と色々話し、直近の目標なのどについて語りあった。

そしてお昼から戻り、会場にて友人の隣に座っている方2人と話をしていたんだけど「成功の9ステップ」4日間ライブセミナーに行くか悩んでいました。
悩んでいる時ってめっちゃ辛いんですよねー
なんとなく、良いのは判ってる。
行こうか、でもお金も厳しいし、日程も会社休まないといけなしと言い訳というか行けない理由をあれこれ考えているんですよね。

そして、私が2月に行くことを告げると「ぜひ行った感想を教えて」と・・・
私もそうですが多分、行った人って自分の行動を否定しないと思うので悪かったよとは言わないんですよね。

結局、自分で調べないといけないんですよね。
セミナーに行くのが成功とは言わないですが、この決断と行動の差が成功につながっていくんでしょうね。

ジェームスが言っていた言葉ですごく覚えているのがあって

「お金は取り返せるが時間は取り返せない」

行動を起こしての1年後と行動を起こさなかった時の1年後は時間は全く同じ。

でも、その行動がピアノを習うことだったら、1年後には弾けてるし、でも行動を起こさなかったら弾けていない自分がいる、全く同じ1年だ。

時間ってすごく大切なんだと思う。
そして、1月19日の「成功の9ステップ」のワンデーセミナー前日に4日間ライブセミナーに行くと決断した時から自分がちょっとづつ変わってきているのがわかる。

「成功の9ステップ」4日間ライブセミナーについて最初は、たった4日間で人は変わるものか!
と思っていた。

それがワンデーセミナーやら、「人生の選択」1日ライブセミナーに行くにつれ、「変わってやる!」という決意に近いものに自分が変わった。自分自身でもちょっと驚きだ 😯

約2週間後、少しでも勉強して4日間は充実したものにしたいと思う。

「人生の選択」1日ライブセミナーの終わりにシークレットセミナーというのがありました。
それまでの1時間の開き時間があり1番最初の無料体験セミナーで知り合った人とマクドナルドで情報共有をしていました。
その方も経営者育成塾のCDを持っており、話題はその話になり今は倍速のレコーダーで聞いているとのこと。
確かに何回も聞いていると、話しているスピードが遅く感じるので2倍速とかで聞けたらいいなと思った。
そのレコーダーの価格を聞くと2万円くらいすると言う。
私もほぼ毎日聞いているので欲しいなと思い、頭の中でぼんやり考えていた。
よくよく考えたらスマホのアプリであるんじゃないかと閃いた 😮
そして探したらiphone用の無料のアプリが簡単に見つかった
他にもいいのがあるかもしれないがよかったらどうぞ
ミュージックプレイヤーAll-in-1 Free –

今は毎日1.5倍速で聞いている。

ジェームス・スキナー 1日ライブセミナー 人生の選択(その1)

ジェームス・スキナー 1日ライブセミナー 人生の選択(その2)

ジェームス・スキナー 1日ライブセミナー 人生の選択(その2)

昨日は上手く行っている人にはレシピがあることを書いた。

その1

その3

今日は人生はストーリーというお話しをストーリーには様々あるという。

健康のストーリー
お金・ビジネスのストーリー
人間関係のストーリー
人生全般のストーリー

そしてそのストーリーの中身は
経験
体験
欲しいもの
貢献
仕事
残したいもの

など

叶えたいストーリーはたくさんあると思う。
お金持ちになるストーリー
フェラリーに乗るストーリー
別荘を持っているストーリー
など

ただ、このストーリーを考えたときに「あいつ」が出てくる。

あいつというのは頭の中で叫んでいる「あいつ」だ。
ジェームスはそう呼んでいた「あいつ」と。

例えば
独立開業しようかなと考えた時に

いやいや、そんな簡単に独立なんかでけへんよ
とか
失敗したらどうすんの借金めっちゃかかえんで
とか
自分だけならまだしも家族も路頭に迷うで
とか
知識も何もないやん、経営知ってるん
とか

とか、とか、とか、とあいつが頭の中で叫んでるんです。

何をするにも挑戦的なことを考えると必ず「あいつ」が出てくるんだそうです。

そして「あいつ」とは誰なのか?
自分の声のようで自分の声じゃないらしい。
もし自分の声だとしたら誰に言ってるのか、そして自分だったらコントロールが出来るはずだと。

もしコントロールできると思ったら、スカイダイビングに行け!と

そしたら、飛行機から飛ぼうとする時に必ず「あいつ」が出てくる。
今やったら引き返すことできるで
とか
パラシュート開かんかったら地面にぐしゃやで
とか
飛んで何になるん、何もないで
とか
絶対に出てくるらしい(笑)

ジェームスが言っていたのは「あいつ」が騒ぎだしたら、その行動は正解だと。
人生の秘訣はずーっと「あいつ」が騒いでいることだ!と

人生3割、4割で生きていると「あいつ」は出てこない。
自分の能力の少ししか力を出していない証拠だと。

なるほどなーと思った。
一度、苦労を経験すると次、同じ苦労があっても大したことではない。
でも、それは経験しているからだ。
経験したこと無い人だと、それはおおごとになってしまう。
成長のためには「あいつ」が騒ぐ何かをやっていかないといけないんだと思った。

今の空間が図書館だとしよう
本のタイトルは「あなたの人生のこれから」というタイトルだ
その同じタイトルの本が何千、何万冊とある。

しかしサブタイトルは各々違う。
このまま何も勉強もせず仕事をした人生
将来のことなど考えず、ただ毎日を過ごしている人生
目先の気持ち良さだけに囚われ、タバコを吸い続けた人生
仕事にマイナスな感情を持っている人生(日曜日にまた明日から仕事かー)
ギャンブルに溺れた人生

はたまた
脱サラし、起業した人生
英語を話せる人生
結婚した人生

あなたの将来のスト―リーはどれを選ぶのかは自由だ。
図書館の奥の方にある、くらーいストーリーばかり選ぶのか
日差しが差し込む窓際にある明るいストーリーを選ぶのかは自由だ。


その1

その3

ジェームス・スキナー 1日ライブセミナー 人生の選択(その1)

ジェームス・スキナー 1日ライブセミナー 人生の選択に行ってきました。

その2
その3

大阪松下IMPホールで10時から開始だったので9時半頃行けばちょうどいいのかなと思ってたのですがジェームスのことを何も知らないセミナーに誘った友達の方が8時40分頃到着したみたいでやる気満々でビックリしました。

メールによるとセミナーに来ている人の雰囲気がちょっと違うと・・・
友人も、セミナーには何度も行っているのでどんな雰囲気なんだろと、すごい興味がわきました。

実際、私が到着したのは9時半、人もそこそこ来ており、雰囲気が違うというのがちょっとわかった気がしました。

みんなタッチしながら入場しているのですが、それが、USJや東京ディズニーランドのクルーの人たちとハイタッチするような「イェーイ!」的な感覚なので、USJや東京ディズニーランドに行ったことがない友人には違和感があったのかもしれません(笑)

ここはテーマパークじゃないんでおかしいといえばおかしいんですけどね。

席はプラチナ席、S席、A席と分かれており、私はS席だったのですが意外と前の方も空いており、結構間近でみることが出来ました。

私はライブとかコンサートとか行ったことが無いので1000名収容と言われてもピンとこないのですが思ったより小さな会場なんだなーと思いました。

そう言えばコンサートホールは何万人ですもんね。

今回、生ジェームスは初めてなんですが、登場した瞬間はちょっと鳥肌が立ちました。

おぉ、動画で見た人やー!みたいな感じで。

今回のセミナーのタイトルは「人生の選択」ですが自分で人生をきちんと選んでますかということだ。

一見、言われると

うん、自分で仕事選んでるし、したいことしてるし、嫁さんもらって、子供授かってそれなりには生活出来てるし 予定通りやで
って思うのですが深堀して考えると自分が目指している理想とはどうかと考えるともっと金銭的にも豊かになりたいし、パワーあふれた健康だって手に入れたい。
人間関係も嫁、職場、友人ともいい関係になりたいと思ってる。

じゃあ、そんな選択をしているかと言われるとしていない。
そしてそんな勉強もしていない。

本は読んでいるけど、身になっているかは別。

高校までの学校教育では人間関係、健康、大金持ちになる勉強は一切ない。

だから出来なくて当たり前だとジェームスは言う。

あなたが選んだ現実はあなたが選んだ結果なのだ

ということだが、先ほどの勉強、知識を知らないからある意味当たり前なのだ。

情報格差というのか

成功する人は成功しない人の知らないことを知っているからだ!

これってすごいことじゃないですか!
ただ単に知っているか知らないかだけの話ということだ。

例えば海外に電話をかけるとしよう
ある人はLINE、Skypeを知っているので、通話料無料で掛けることが出来る。

ある人は知らないので国際電話で掛けてバカ高い(今はそんなことないかも)電話料金を支払わないといけない。

成功するかしないかはこれだけの差だとジェームスは言っているのだ。

そして成功にはレシピがあると

料理人の話しを例にしていた。
ある有名ホテルの料理長が自慢の料理があるとしよう、料理長がその料理を作るために掛った時間は20年。

では、ジェームスがキッチンに入って教えてもらい、この料理を作るのに掛る時間はというと2,3時間だということだ。
そしてそのレシピさえあれば、誰にでもその料理を数時間で作れてしまう訳だ。

レシピさえあれば、誰が作ってもほぼその通りになるというわけだ。
お菓子作りのレシピ本を見れば誰でもそのように作れるのだ。

健康でパワーあふれる人になるレシピ
人間関係がうまくいくレシピ
大金持ちになるレシピ
事業がうまくいくレシピ
などなど。

以前、ブログに書いた、松下幸之助氏はきっとこのレシピを知っていたんだろう。
経営者って孤独 参照

「今の全財産を渡すからもう一度二十歳に戻して欲しい。それが出来たら私はもう一度今と同じだけの財産を築いてみせる。」

と雑誌の取材に答えていたようだから。

長くなるので、何回かにわけて書こうと思う。
今日はここまで。

その2
その3

今日は面接だ! 15年ぶりに履歴書書きました

15年ぶりくらいに履歴書書きました。

普段は読み手側なんですが、いざ書くとなると
「めっちゃ難しいやん」って思いました。

職歴も若い頃は転々としていたので、出るわ出るわで入社退社の繰り返し
普通の会社員の面接だったらこれだけ見るとなかなか受からんやろうなって思ってしまいます。
採用側からするとこんなに転々としている人やったら、またうちに入社してもすぐに辞めるんだろうな
って考えてしまいます。

そして志望動機
アルバイトなので恩着せがましくじゃないけど、貴社の売上げとかあまり大きな事は言えないし
ポイントをついた志望動機を書くのって難しいなと思いました。

結局は人を笑顔にするのが好きなので、それに直に携わり、チームワークと活気に溢れている
職場に魅力を感じました。的な事を書きました。

ありきたりって言えばありきたりですけどね (;^_^

自己PR
明るい性格で職場にもすぐに馴染めて、主体性を発揮しスタッフ達と円滑に仕事をし
空いている時間も自分に何が出来るかを考え貢献したいと思ってます。

というような事を書きました。

写真はきちんとスーツ着てネクタイして写真撮ったし、あとは面接のみ
今日夕方なので頑張ってきます。