頭で考えるより行動する 実店舗のシュミレーション 

昨日は税理士さんが来ました。

会社で提携している税理士さんなのですが月に1回訪問していただいてます。

毎月の売上げ、利益の共有や相談などをしています。
今回は実店舗のお話しをしていました。

現在、本業としてネットショップを経営しているのですがそちらの売上げが下がらないかとか。

実店舗をやることにより赤字が膨らみ、本業までの経営に差し支え、最悪の場合、倒産する危機は無いのかとか。

赤字がどれくらいになれば撤退を考えるのかとか。

実店舗シュミレーション

売上からのシュミレーションを出してみたのですが、全くどれくらい売れるのかも検討つきません。

色々とご指導いただきましたが、難しく考えるより、やるっきゃないと思ってます。

ダメな場合を考えるのはもちろん大切なことですが私の場合、体で感じないと理解出来ないタイプなのでやってみようと思ってます。

やってみるっていうのも、まずはアルバイトに行ってみて、仮にずーっとお客様が並んでいる状態で1時間にどれだけ捌けるのかとか、繁盛店で暇な時の1時間の売上げはどれくらいなのかっていうのも見てみないとわからないので、とにもかくにもやってみようと思ってます。

その中で色々気づきがあって、やっぱり実店舗は止めておこうと思うかも知れないし儲かるやん♪って思うかも知れないし。

わかんないですよねー。

得意の行動あるのみで動いてみようと思ってます。
まずは面接、今日は今から履歴書を書いていきます。

そしてエントリーしてみます。

すごいへんな夢を見るんです。(注意:お食事中の方は読むのを控えてください)

みなさんも寝ている時って夢見ますよね。

私は繰り返し見る夢がいくつかあります。
ケンカしている夢、昔の会社で働いている夢、うんこまみれの夢

最近は見なくなったのですがケンカしている夢で、いっつも自分がふるう拳のスピードが極端に遅いんです、まるでスローモーション。
また、走って逃げるのもスローモーション。

ネットでどういう心境があるのか調べてみました。
夢を見ている間はレム睡眠なので、眠りが浅い。
でも体は寝ているので動きが鈍い。
よく言われる金縛りの症状の一歩手前と考えれば、わかりやすいと思います。
走るのが遅い夢はよく覚えているのも、目が覚める直前だから。
という話がありますし、それも原因のひとつかもしれません。

ということなのですが、たまーに金縛りはあったことがあるので納得できました。
心境的には何もない感じですね。

続いて昔の会社ですが
この夢に関しては、半年に1回くらいは見てるような気がします。
中央市場で仲卸に勤めていたものしか夢を見ません。
確かに1番長く勤めてましたが、職は転々とした方なので色んな会社が出てきても不思議ではないのですが、見るのは市場のみです。

いやーな上司が出てきて、普通に働いている夢です。
夢から覚めた時は「また市場の夢かー、よっぽどトラウマがあるのかなー」と思います。

こちらも調べてみると
以前の会社に未練があるとか仕事のストレスとか書いてましたが、私はその会社に未練は無く、むしろ辞めて良かったと思ってますし、ストレスも無いと思ってるんですけどねー、どうなんだろ(笑)

3つ目の、うんこまみれの夢
すごく汚くてごめんなさい。

先日見たのは、公衆便所に入るとそこは広くて床がツルツルなんです。
そして個室の和式のトイレに入ると周りはうんこがたくさん落ちていて汚くて・・・
でも、用を足したいから仕方なく座ると床がツルツルで足が滑って汚い所に尻もちをついたり立とうと思っても床が滑ってすっころんだり、それこそうんこまみれになった夢でした。

以前に見た夢も何故か覚えているんですが
壁に洋式便器がくっついていて、便座がなくて、お尻をぽこっと入れて用を足す感じなのですが、その便器の排水が詰まっていて、上の方までうんこまみれ、お尻をぽこっといれたら自分のお尻にうんこが付くやん って感じの夢だったんです。

本当に汚くて、ごめんなさいね。

それでこんな夢見る人って他に居てるのかなーと思ってネットで調べてみたんです。
そしたらグーグルで「うんこ」と入れるとサジェストキーワードって言うんですかね
その続きのワードで「うんこまみれになる夢」って言うのが出てきました。

結構たくさんの人がいるんやというのに驚いたのとその夢の意味っていうのがすごくいいこと書いてあったので驚きました。

で調べてみました。

う〇この夢・・・もう何度も登場して、皆さんお馴染みですね。思いがけないお金が入る夢です。
“う〇こ”は夢で見ただけでもお金が入りますが、身体や服に付く夢が金運アップの定番です。
参考URL  https://www.nishitani-newyork.com/jpn/dream/2011/index2011.html#top

大便の場合は体の中にある「ため込んでいる金・財産」を表わし、体から出ている大便は「使う為に出している金・運用できる金」を表わします。
その他にも「体に大便がつく・大便を踏む・大便を拾う」
お金・財宝を手にする予兆です。

とのことです。
めっちゃいいやん♪
そんな素晴らしい夢だったんですね、驚きです。

でもどうだろ?
いまのところ金運アップした感じはしないです。
また、夢を見た次の日に宝くじを買ったり、競馬を買ったりしていないので過去の実績も私には無いのですが、今度そんな夢みたら買ってみようと思います。

お金大好きの私にとってはいい夢みたいで、よかったです。

今日のブログのタイトルは
「思考は現実化するのか実験中!」ではなく
「夢は現実化するのか」ですね

ただいま、夢に向けての取り組みを行動中 パート2

先日、夢に向けての行動中を書きましたが続きです。

何屋さんをやるかというと完全に決まったわけじゃないけどクレープ屋さんをやろうと思ってます。
もちろん、弊社の一番売りたいオリジナル商品も販売する予定です。
アンテナショップとして考えています。

ただ、その商品だけでは経営が成り立たないので収入の柱の商品としてクレープを考えています。
IMG_3115

ただ、普通にクレープを売っていても競合に負けてしますので何かもう一つアイデアを思案中です。
冬でも温かく食べられるものがいいなと思ってます。

最近は機材やクレープ屋さんのブログなどを見ています。

そしてクレープは食べたことはもちろんあるんだけど焼いたことはないし、業界未経験、昔に居酒屋で働いたくらいなので経験を積みにアルバイトに行こうと思ってます。

作業の流れや機械、設備等に何が要るのか、また焼き方など習得したいと思ってます。

近々、面接に行こうと思ってるんですが44歳のオッサンがはたしてクレープ屋さんで雇っていただけるのでしょうか。

普通は若いお姉さんが働いているイメージだから・・・

でも、面接に受かる自信はあるんだけど、その自信はへし折られるのか。
また、実際働けたとしても、下っ端なので若い子にこき使われるのか・・・
普段は社長業をやっているので、エラそうに言われることないし
「なにやってんねん、おっさん!!何回言ったらわかんねん!」とか言われたら泣きそうです。

そんな期待と不安でいっぱいで履歴書を15年ぶりに書いて近日中に面接に行ってきます。

今年の目標はスピードある行動
夢の実現のために頑張ってきます。

「こうして、思考は現実になる」 独立編

私は親の影響なのか、20歳くらいの時から独立願望がありました。
かと言って、何をしたいかと言うのが無く、サラリーマンをして過ごしていました。
当時の口癖で今でも覚えているのですが「何かいいこと無いかなー」ってひたすら言っていた気がします(;^_^

今考えれば、いいことなんて勝手にやってくることは無く、自分から動かないとやってこないっていうのは十分にわかっています。

仕事の方も2年置きくらいで転々とし将来、居酒屋するかもと思って働いてみたり、でも続かなかったりでした。

そしてサラリーマンや居酒屋をやめて就いたのが中央卸売市場の仲卸の会社でした。
この時はもう独立っていう意識は全く無くなっていました。

10年の月日が経ち、仲卸という職業柄、社会での流通が少しづつ変化しスーパーなどでは産直というシステムが流行りだし、仲卸業も厳しくなってきました。
毎年、どこかの仲卸が倒産していました。
そんな風潮は勤めていた会社も例外ではなく、給料、ボーナスは減り、先行きの不安と市場ならでは縁故関係の人事に将来の不安を感じました。

そして、思い切って10年勤めていた会社を辞めました。
辞めたはいいがその時で30歳。

次なる就職先を探すも営業と肉体系の仕事ばかり、私は営業する自信もなく、かと言って肉体の仕事ももうイヤ。
市場ではセリの免許も取り仕入れたりもしてましたが、大半が荷物を運ぶなどの肉体労働で腰痛を患ったりで嫌気をさしていました。

そしてパソコンには興味があったので、そう言った所に面接行くも30歳で未経験では厳しいということで落ちてばかりでした。
自分に自信もありませんでした。

この時は本当に
俺って何の才能もないなぁー
持っているのはフォークリフトの免許くらいで何もない。
価値の無い人間だとも思ってたくらいでした。

そんな折、知り合いから携帯電話のビジネスの誘いを受けました。
ちょっと怪しいネットワークビジネスの誘いでした。

ただこのネットワークビジネスは、いわゆる代理店を集めなくても収益を得る方法がありそこに興味がありやりました。

やっている時は完全に昼夜逆転で毎晩寝るのが夜中の3時4時って感じで起きるのがお昼の1時頃の間逆の生活をしてました。

この時は代理店集めじゃない方で成績が優秀でハワイ旅行に連れて行って貰いました。
男同士のハワイはヘビの生殺しでした。

そんなビジネスも時代の流れでダメになり新たな仕事先を探しておりましたところ
そのビジネスで仲良くなった方と一緒に仕事をしないかと誘いを受けました。

当時は起業について右も左もわからないし、一緒にやれば心強いと思い周りからの反対も少しありましたが
共同経営に踏み切りました。

やり始めたビジネスはインターネット通販でメインはヤフオクと自社サイトでフルーツを販売していました。
フルーツは10年勤めていた会社から仕入れておりました。

2人での共同経営で私は主に作業要員、もう一人はお金を出す感じでした。
私には給与が出ず、バイトの掛けもち状態。
家賃やその他のアルバイト代、システム料を出すのに精一杯って感じで徐々に仲卸会社にも掛け売りの金額が膨らんできました。
その時は私への信用で掛け売りをしていただいてました。
1年が経った頃、200万円近くの売り掛けの金額が残り、私はすごく悩みました。
このままやっていくとさらに借金が膨らみ、私がお金を管理していないので本当に返してくれるのか。
また、逆に事業が上手くいった時も満足できる給料が貰えるのだろうか?
この経営がどっちに転んでも不安は付き纏うと思ったのです。
自分が思っている人生と違い毎晩、悔しくて泣いていました。

今、共同経営を辞めても、無責任に仲卸の借金を放棄することは出来ないし
かといって200万大金(当時は)の借金を背負うのも恐い
そんな板挟み状態でした。

でも、このままだったら自分がダメになると思い、おもいきって共同経営を辞める決断をしました。
200万円、車を買ったと思ったらいいと思いました。

そして手痛い勉強をして2003年11月11日に独立開業をしました。
当初は以前勤めていた、仲卸にアルバイトとして再度勤めさせていただき掛けもちでやっていました。

収入的にはアルバイトの方が多く、どっちが本業かわからない状態でした。
そんな中、応援してくれる人もいて、その人のおかげで本業の発送作業もスムーズに出来ました。
でもやっぱりアルバイトの傍らで発送作業をしていると良く思わない人もおるわけで非常にやりにくかったです。
そんな状態が数カ月続き、私の中でもいつまでもこんな、本業がどっちかわからない状態で続けて行っていいものか悩んでいました。

さらに数カ月経ち、私の仕事を手伝ってくれてた人が仲卸の会社を辞めることになりました。
そして私はようやく決断し、アルバイトを辞め本業一本でやっていく決意をしました。

ここが私の独立の出発点だと思ってます。

経営者って孤独

私は独立して12年目になります。
当初は6畳1間のワンルームで生活と仕事をしていました。

今では事務所も構え、スタッフも8人ほどいるようになりました。
もし、経営者が私ではなくて、経営の神様と言われる、松下幸之助氏だったらどうだったでしょうか。
きっと、もっと早い段階でスタッフ8人になっているし、今では全国に店舗が
あるお店になっている可能性もあるかと思います。

何が言いたいのかというと、我流でやるよりその道のプロに徹底的にアドバイスを貰いやっていった方が早いのかなと思うのです。

例えばゴルフ
テレビなどで見よう見まねでやってもなかなか成長しませんよね。
挙句の果て、へんなクセがついてしまい、その後コーチに教えて貰ってもクセが抜けなく、一から教えて貰う羽目になり、余計にレッスン代が高くついたり。

やはり、自分より優れていると思う経営者に聞いが方が早いのです。
コンサルじゃなく経営者です!

松下幸之助氏の面白い、エピソードがありました。
晩年、雑誌の取材で「何かひとつ夢を叶えるとしたら何を望みますか?」と質問されたところ「今の全財産を渡すからもう一度二十歳に戻して欲しい。それが出来たら私はもう一度今と同じだけの財産を築いてみせる。」と答えたと言う。

経営での成功の仕方を知っているんですね。

私も起業した当初はどこにも誰にも頼ることなくやってきました。
というか、それが普通と思っていたので、聞くということも教えて貰うことも頭に無く、ただただ孤独にやっていました。
知っていたらすぐに教えを乞うていたと思います。

2005年頃にインターネット通販に特化した会があるというのを知りすぐに入会しました。
そこでは、ネット通販でのテクニックや経営に関しての勉強など学ばして貰いました。
そこにはすでに成功している人もおり素晴らしい仲間が出来ました。

だからだと思うのですが、今現在もこうやって事業を継続出来ているのかと思います。

これからも自分の地位、実績を高めるために色々な会にも参加し成功している人からアドバイスを貰おうと思います。

また、素晴らしい仲間を作っていこうと思っています。

2月に行く「成功の9ステップ」ライブセミナーでも素敵な仲間が出来れば嬉しいなと思ってます。

将来もこのブログが起点となりお会いしてお互い切磋琢磨できる仲間になれればいいなと思ってます。

ただいま、夢に向けての取り組みを行動中

現状のビジネスも大切なのですが、将来の布石のために少しづつ動いています。

私の夢の一つである実店舗の開店に向けて動きだしました。

不動産屋さんに足を踏み入れることすらしていなかったのですが、この1週間は不動産屋さんに行ったり、現地をウロウロして空き物件を探したりしていました。

やっぱり行動を起こすと何かしら得られるものがありました。
大阪の心斎橋筋に小さなお店を構えたいと思っています。
私がなぜそこを狙っているのかなのですが、大阪の心斎橋筋は大阪で一番買い物客が多く近年、外国人もかなりの数見受けられます。

将来のビジネスを考えると、日本人だけ相手にしていても人口減少で厳しくなってくるので外国人を相手にしたビジネスも考えていかないといけないと思っています。

そんな中で日本から商品を輸出する場合、オリジナル商品を作ってと考えているのですが、こちらは工場、製造機械など考えると莫大な費用が掛り、現時点ではすぐに取り掛かれないビジネスプランだと思ってます。

一方、国内では、近年訪日外国人が年々増えているので、日本人プラスそこもターゲットにした物を販売したいと考えてます。

そしてこちらの費用を考えた場合数百万程度で出来るかなと思い、こちらを優先しました。

心斎橋筋近辺の不動産屋さん情報によると、この地域は不動産屋さんに出る情報は少なく、知り合いなどでまた貸しなどをしてほとんど出回らないと言ってました。

また5坪程度の小さな物件はかなり需要があるらしく、順番待ちと言ったくらいに多いというのがわかりました。
また、家賃が坪10万円するところもあり、数年で撤退したり勝ち負けの激しい場所だとも言ってました。

そんな所で勝負を初めて仕掛けるわけですが、リアルの店舗については何もわからず、そう言えば数年前に心斎橋筋でお店をしている社長と名刺交換したのを思い出しフェイスブックで連絡し、アドバイスをいただいたりしてます。
1度だけの面識ですが、ぜひ来店してお話ししましょうと言っていただけているので近日中に伺おうと思ってます。

そんなこんなで一昨日も不動産屋さんから連絡があり、物件情報をいただきました。
ちょっと外れた商店街なのですが、場所的には良く、以前はプリン屋さんがやっていたと聞き、詳しい場所を調べる為、グーグルのストリートビューを使って場所を確認してみました。

すると、これもまた10年くらい前になるんですが、ネットショップを始めた頃、少しだけお話しした経営者のお店だったので、ネットで経営者氏名を調べ、フェイスブックで連絡すると相手方も私のことを覚えていてくださり、その場所を撤退した経緯などを教えていただきました。

人のつながりってすごい大きいし、今の時代こんなに簡単に昔知り合った人とまた連絡取り合えるなんて、素晴らしい時代だなぁーとつくづく思います。

実際昨日物件を見に行ったのですが、間口が狭く縦て長な感じの物件で中身は綺麗んだけど両隣のお店の看板がデカ過ぎて、自分のお店を見つけてもらいにくいなーと思ったのと斜め向かいに私がやろうとしている競合のお店があるので、2つ返事で「はい決めます」とはならなかったです。

今年のおみくじと占いでは焦らずというのが肝なので、納得行く物件が出るまでじっくり探そうと思ってます。

そして昨夜は夜中までネットで物件を色々探し、地域に強そうな不動産屋さんが数件みつかったので休み明けに連絡してみようと思ってます。

手段と目的を混同しない

日々仕事をしているといつの間にか手段が目的になっていることがあります。
先日も自社で起こった事でそんなことがありました。

当店はフルーツをメインで販売しており、季節により日々フルーツの種類が変わります。
夏はスイカだったけど今の季節はイチゴだったりと・・・

果物の詰め合わせなど、日々できるだけ、写真を撮り今日の詰め合わせはこんな感じだよーと
ページに載せているのですが、本来の目的は少しでもお客様に今日、商品を買ったらこんな果物が入った詰め合わせが届くのかとイメージしていただくために載せているのです。
要は転換率をアップするため。

しかし、昨日ふと掲載写真を見ると全然美味しそうでもないし新鮮さを感じないのです。
私がお客だったらこのお店で注文したいと思わないような写真だったのです。
スタッフは毎日写真を撮るので、いつのまにか写真を撮ることが目的となっており買っていただくために美味しい写真を撮るということでは無くなっていたのです。

日常ではこういったことが、ごく当たり前のようにあります。

7つの習慣だったかな、こんなことが書いてました。
うる覚えですみません。

ジャングルの中で、ある目的地に向かって進んでいる。
本来なら、木に登って私達が向かっている方角はこっちだという人がいる。
現場でジャングルに道を作るため、木や枝葉を切っている人達は目の前の作業に必死である。
もし木に登って「こっちだ!」という人がいなければ作業をしている人は「順調だ前に進んでいる」とそこだけしか見ないのでいつのまにか全く違う方向に進んで行っていることだってある。
ジャングルで道を作ることが目的となっているのだ。

私達の日常でもこういったことが起こっているのだ。
自分が生きている目的、会社の目的を見誤らず進んで行きたいと思う。

ジェームス・スキナーの「成功の9ステップ」オーディオコースと 「経営者育成塾」を聞いてみて

最近、ジェームス・スキナーの「成功の9ステップ」オーディオコースと
経営者育成塾を聞いています。
ad301815-img448x600-1415431627lvkkj619342

product_extra

その経営者育成塾の話しの中で当たり前だけど
すごく大切な事を話していたので書こうと思います。

利益について
100円で商品を売って、利益は仮に10%として10円
では価格を5%(5円)上げると利益は何%アップするのかという話しで
仮に2円利益が出たとしたら利益率は何%アップかと言うと20%アップ
ということですよね。
これってすごいことですよね。

みなさん、値下げの話しは良くするけど、値上げとなると
よく聞くのが「うち値上げ出来ないんですよねー」って
なんでやねん!って思います。

いかに安く売ることしか考えてないんですよね。

でも、本当はいかに高く売るかを考えないといけないし
それが自社の強みにもなる。

私も昔はいかに安く売るかを考えてました。
それが自社の強みだと。
でも、それって他社がうちより安く売るとあっけなくお客様はそっちに行きます。
つまり、お客様はうちのお店を価格でしか判断していないんです。
実際にやったからわかることです。
私の場合、自分で頭打たないとわからないので実践主義です(笑)

だからこそ今があって、安く売ってはいけないと思うし、どうすれば高く販売しお客様を満足させることが出来るかを
考えてます。

これだけだったら、他社と比べてそん色ない商品だから高く売れないとか・・・
商品企画の段階で会社のスタッフみんなで色々と案を出して考えてます。

まだまだ、答えは出てないですが、自社のこだわりって言う部分をもっと突き詰めて考えたいと思ってます。

何を販売するべきか(起業する方へ)

これから、起業をしようかなと考えている人にもタメになればと思います。

まずは何を売りたいのかというのを考えないといけないのですが
この商品(サービス)選びは非常に大事です。

お金のある人は別ですが、無い人はあまり客単価の低い商品を扱ったらダメです。
起業の最初の目的は好きな事を仕事にしたいとか、お金持ちになりたいというような夢があると思います。

最初は一人で事業を回していくかと思うのですが売上げの件数より、売上金額を重視し客単価1,000円で月商100万円売り上げるのと5,000円で売り上げるのとで考えてみましょう。
客単1,000円だと1,000件のお客様
5,000円だと200件のお客様。
ネット通販で考えると
お客様に送るメール
送り状を出す作業
梱包出荷作業
ざっくり言うと上記の作業は1,000円の商品でも5,000円の商品でも作業はほぼ同じで1件にかかる時間もそんなに大差はありません。

月に1,000件 1か月20日と考えると1日に50件の発送こうなると、商品にもよると思いますがサービスの質が雑になってきます。
一方、客単5,000円で考えると1日10件なので、余った時間で色んな付加価値や商品の企画など色々頭を使って考える事が出来ます。

経営者によく怠りがちなのが、忙しいから儲かってる気になるっていうやつです。
実際、私もこれは経験しました。
従業員が出来てからですが、暇にしているとなんだか時給がもったいなく感じ作業に溺れていると「あぁ働いてる」って気になってしまうんです。

これってすごい落とし穴だと思うんです。
本当の仕事って作業じゃなくて、考える時間だと思うんです。
必死で必死で考えて自社の会社のこだわり部分を見つけたり、つけてください。

当店ももっともっと考えてこだわりたいと思います。

成功の9ステップワンデーセミナーに参加してきました

この時点で「成功の9ステップ」ライブセミナー 4日間は参加すると決めました。

復習を含めて書きます。
私自身の本音で書いてますので、誹謗中傷等はしないでくださいね。

7つの成功法則というのがあります。
■書けば叶う
■決めるのが先、考えるのは後
■決断のスピードは成功のスピード
■お金は取り返せるが時間は取り返せない
■チャレンジが大きいと大きく変化が出来る
■紙に書くと決断出来る
■具体的な日付けを決断すると叶う

■最初の書けば叶うということで、セミナーで書きました。
世界を相手にした事業を展開していきたい。
スタッフが生き生きと楽しめる会社にしたい。
お客様が笑顔になる仕事をしたい。
裕福な暮らしをした。

■なぜ?
ドキドキ、ワクワクと知らない人と仕事をしたいし、自分が今までサラリーマンをやってきて、そんな感じで仕事が出来ていないから。
喜ばれると嬉しいから。
お金でキリキリするのはイヤだから。

■決断の中でもう受け入れられないものは何か?
仕事から逃げる、今仕事に集中して将来遊べばいいのにすぐ逃げてしまう。

■もし10年先もこのままなら予想する。
仕事の成功も失い家族もスタッフも幸せに出来ず、あの時一生懸命やっていたらと思う。

これを書きながらゾッとしました
後悔ってこういうことなんですよね、きっと。
あの時こうしとけば良かったとか、行動をおこしての後悔は無いらしいので動かないとダメですね。。。

今と違う結果が欲しいなら、今と違うことをやれ!

夢実現の3つのポイント
新しい知識
新しい行動
新しい仲間

新しい知識を得て、仲間、行動を変えるということは、現状の環境から何かしら変えないといけないということですよね。

知識は常日頃得ていると思っているので、行動を変えていきたいと思います。
そうすればおのずとそこに仲間が出来るのかなと思ってます。

ワンデーセミナーはあまり「勉強になったー」って感がありませんでしたが4日間のライブセミナーに行こうか悩んでいる人を見ると少し前の私みたいで客観的にみると面白かったです。

「すごく良さそうだし、いつかは絶対に行こうと思ってる」と
私もそんな感じで悩んでました。

でも、決断した今は
どうせ行くんだったら早い方がいいのに何をいい訳をたくさん考えているんだろうと思いました。

ほんと、決断って良くも悪くもでしょうが、早く決めるに越したことはないなと思いました。