成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました 4日目(最終日)

いよいよ最終日、終わってみればあっという間の4日間でした。
最終日は時間管理であったりコミュニケーションのスキルの勉強をした。
そして4日間の感想をシェアした。
みんないろんな思いがあってここに来て、どれだけ変わったのだろう。
そして、自分自身は涙もろくなった。
色んな人の話を聞くと涙がボロボロ出てくる。
私も挙手して、シェアしようとちょっと思ったけど、絶対に泣いてしまうと思い
手は上げなかった。

今までも感謝などの感情はあったのだろうけど、それがストレートに出るようになったのだろう。

帰りはバスで大阪チームと一緒に帰ったのだが、お弁当が出た。
開けてみるとやっぱり果物だけだった(笑)

大阪到着予定は翌朝6時ということだった。
そしてバスで休憩の際、みんなで晩御飯を食べたのだが、早速無限健康は破られラーメンだったり、どんぶりだったり久しぶりのシャバのご飯は美味しいと思った。

バスは約2時間おきに止まり、トイレ休憩などがあった。
そして大阪に着いたのは予定よりかなり早く5時過ぎだった。
予定ではそのまま会社に直行する予定だったが、あまりにも早かったので、家に帰りシャワーを浴びて会社に行った。

そして、毎朝しているのだが朝礼をしている時に、今回3日間会社を空けたことに感謝を伝えると思わず泣いてしまった。

普段も出張などで3日間くらいあけることがあり、感謝は伝えたりしていたが、泣くことはなかった。

今まで支えて貰っている思いとここ最近、一気に人が辞めそれにもめげず会社に残ってくれていることへの感謝で涙が出たのだと思う。

今、残ってくれている社員を大切にしたいと心に誓った。

成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました 3日目(後半)

3cmの松材を割るというイベントがあった。
下は中学1年生の男の子、上は60代の女性などが参加していた。

板を貰った時、こんな厚さの板が割れるのか不安だった。
板には今後あり得ないことを書いた。
行動しないこと、自信が無い自分、知識のない自分、決断しない自分とのお別れだ。

総勢約250名ほどの人がいたのだが、8割、9割の人が手のひらで割っていた。

私自身も失敗は出来ない、必ず割ってやると思っていた。
そしていよいよ私の番が来た。
やり方は聞いた、思いっきりいかないと手が痛いとも聞いていた、渾身の力を込めて腕を振りぬいた!

わ、割れない・・・

もう1回やらして貰える

さらに力を込め、エイッ!

う、うわぁー割れない 😐

否応なく、足元に板を置かれ、足で割った。
正直、めちゃくちゃショックだった、これで目標が達成されない気がした。

ita

そして全員が終わり席につき、ジェームスが成功した人と挙手を命じた。
私は手で割れなかったので、挙手しなかった。
するとジェームスは私の所に降りて来て、板を手に取り「成功してるやん」とみなの前で板を上にあげた。

そして、ジェームスが今の講義はアプローチの改善だろ!
「その方法でうまく行かなかったら方法を変える」
これがアプローチの改善だろといい、壇上に戻り、板をトンカチでバンバンと複数の板を割っていった、これがアプローチの改善、と言ったのだ。

その時にハッと気づいた、私は手段が目的になっていると手で割ることにめっちゃ執着していたのだ。
このやり方で達成しないとダメなんだ!みたいな感じで。
でも、板を割ることが目的だったら、どんなやり方でもありなんだ。

それを教えて貰った。
これで、自分が手で割っていたら、他の人が割れなくジェームスが同じ説明をしていても自分は手で割ったことに満足し、その話を聞き入れてなかっただろう。

ある意味、私が割れない事にすごく意味があったと思った。

普段の仕事でも、目標に到達するのは簡単なのにやり方に意固地になりなかなか到達していないことがあるのかもしれない。

もっともっと頭を柔らかくしないといけないなと思った。

成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました 3日目(前半)

早いもので今日で3日目、今日入れてあと2日で終わり。
初日はこのセミナーのリピートは無いという感想だったけど2日目終わった時点では0(ゼロ)の状態、まぁ行ってもいいし、別に行かなくてもって感じ。

3日目は昨日の続きだが、その前にジェームスの講義が少しあった。
その中で言われたことで私は涙した。

あなたは毎日100%で生きていますか?と言われたのだ。
普段、あまり意識せず生きていて、ここへ来ての毎朝のダンス100%でやっているのか
ダンスが終わったら100%?
このセミナーが終わったら100%?
学校を卒業したら100%
次の仕事に就いたら100%?
明日から100%?
今、100%出せない人間がその後100%出せるか!と言われたのだ。
それを言われた時に今までの自分の人生や昨晩のミッションインストール今から始まる、私のミッションインストールのことが頭によぎり100%やっていないし多分、インストールが始まってすぐはOKが貰えないだろうから100%は出さないでおこうと思っていた。
そんな自分が居て、一生懸命やっているなんて嘘やんか!他人は騙せても自分にウソはつけないそう思うと思わず涙が出てきた。

私は今までほぼ100%で生きてきたという自覚が無い。
そんな自分を戒めてもらい涙したのだ。

そしてミッションインストールが始まり、思わずチームみんなの前で泣いてしまった。
100%やっていなかった自分が相手に対して申し訳なく思ったのだ。

それからは常に100%の気持ちでミッションを叫んだ。
有り難いことにすぐにOKを貰えず「100%なのはわかるでも、うえちゃんだったらもっとイケる」と言ってくれ自分でも満足いくミッションインストールができた。

そして次に女性がインストールを開始した。
そうこうしていると、他のチームではすでに全員がインストール完了していたり3名が終了していたりと差が出てきたのでチーム変えが行われた。

そして再編成後、現チームの二人と別れた。
再編成後のチーム構成は男性3人女性1人になった。
男性のミッションが終わろうとしたところで元チームの女性がミッションインストールをやりなおしたいと言い出した。
というのも初日にインストールしたのだが、初参加で1番目ということもありどんな感じでやったらいいかわからなかったのだと思う。

そしてその女性のインストールの時、私を含め男性3人は必死に応援した。
ミッションをやっている最中にスタッフが寄って応援する側に訴えかけてきた。
女性が一生懸命、愛を伝えているのに愛で返しているのか!嫁さんを愛すように優しい心で応援しているのかと言われた。

もちろん一生懸命は応援していたが、正直、愛では返していなかった。
当たり前かも知れないが他人なのである、だから嫁を愛すようにはしていなかった。

そんな他人行儀な失礼な応援をしていたかと思うとまたまた申し訳なく思い泣いてしまった。
愛を伝えているのに、全く愛で返していない自分が全然できていないなと思い、涙が出た。
そしてその感情とともに普段、私を支えてくれている嫁さん、会社のスタッフの事を考えるとまたまた涙がでてきた。 もちろん普段から感謝はしているのだが、心の奥底から感謝しているかと言われれば出来ていない、そう思うと全くダメだなと思った。

そしてその後はその女性を嫁さんと思い愛で必死で返した。

ミッションインストールについては泣きまくった講義であった。

3日目後半につづく

成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました 2日目(後半)

火渡りも無事終わり、セミナー参加者全ての人がファイアーウォーカーになったわけだ。

そして、ビッグイベントの2番目ミッションインストールだ。
何かというと自分の人生の目的を考え明確にし、それを自分の中に落とし込む作業だ。

自分の人生の目的って、ここ最近はそんな事を考えたりしてたけど3カ月前まではそんな事考えた事もなかった。
自分が生きてる目的、何を達成しようとしているのかなんて全くもって考えたことがなかった。
でも、色々と書籍等読んでみると重要さを痛感した。

ようは自分はどこに向かって人生を歩んでいるのかと言う指標だと思う。
それが無いと日々過ごしているだけ、ジャングルの中を進んでいて本来は北の方角(ゴール)とか決めて進まないといけないのにただ単にジャングルの草木を刈って、順調順調と言っているだけなのだ。
これだと草木を順調に刈れても、進んでいる方向が全く違う方向に進んでいるかもしれない。

そう言う意味では迷った時の指標として大切なのだ。

それを今回決めようというのだ。
そして色々考えた。
みんなを笑顔にしたい。
でも、私の今の出来る範囲は私が出会った人だけだなと思い。

私の出会う人が笑顔になること

としたが、ちょっとしっくりこなかった。
というのも、まず自分が幸せじゃなかったら他の人を笑顔にすることは出来ないと思い、まず自分の幸せを入れた。

そして出来たのがこれだ!

私の人生の目的は・・・である。と締めくくるらしい。

私の人生の目的は
私が幸せになり、私の出会う全ての人を笑顔にすることである。

これが私のミッションだ。

そしてみんながミッションを決め、次は自分の中にそのミッションをインストール作業だ。

どういうことをするかというと
一貫性を持って力強くミッションを述べる。そして自分自身と仲間からの合格を貰わないとミッションを叫び続けないといけないのだ。
しかも一貫性を持って声、身体、魂を込めて叫ばないと合格を貰えない。

4人1組のチームを作った。
そして順番にミッションをインストールする人とそれを応援する3人と言う形だ。
私のチームでは男性、女性各2名のチームになった。
そして1人の女性が1番の先陣を切った。

私の人生の目的は・・・である!

1回言うたびにいい所と悪かった点を応援する側が述べる。
例えば声が大きかったよとか笑顔が良かったとかそして悪い点は、後半ダレたとか、感情がこもってないとか・・・

円陣を組んだり、肩を組んで円になったりして神経を集中させる。
チームによってやりかたはバラバラだ。
そしてミッションを叫ぶ度、お祝いを全力でする。よくやったとか。

今回、チームの中に再参加の人がいたのもあり基準が高いなかなかOKを貰えない、私自身もどこまでいけばOKなのかわからない。
女性もだんだん辛くなってきて、泣いていた。
それでもチームみなで励まし、頑張ってもらうのだ。
1時間いや2時間くらいやっただろうか、それでようやくOKを出した。
これを4人全員やるんだ。正直この時点で徹夜になるなと思った。
そして次の番だが私が立候補した。
1人目で他のチームを見ると声を嗄らし(からし)ている人がたくさんいた。
私もきっと声を嗄らすと思い、最初の「私の人生の目的を言います」というところはちょっとボリューム低めでミッションの所だけ大きな声で叫んでいた。
そして叫ぶにしてもまず、自分のミッションを丸暗記しないといけない。
頭で思いながら言うと声が小さくなるし、大声で叫ぶと頭からミッションの文章が飛んでしまう。

頭で勝手に覚えるまではそれなりに時間がかかった。
そして1時間が過ぎてもなかなかOKを貰えない。
言葉が詰まったとか、笑顔にするというんだったら自分も笑顔にならないとと言われたり・・・
この頃にはもう時間の事は気にならなかった。
でも、疲れもあり頭でミッションを記憶出来ない。
言葉に詰まったり、間違ったことをいったり・・・
そしてさらに時間が経った頃、ジェームスから今日は終了という案内があった。
私のミッションは次の日に持ち越されたのだ。

ヘトヘトの体でお風呂場に行き、同室の人と感想を述べ合った。
そして明日もやり直しだけど、いきなり最初からOKは貰えないだろうから30分くらいは頑張らないとだめですよねーなどと言っていた。

そして部屋に戻り即寝した。

3日目につづく

成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました 2日目(前半)

2日目のセミナー
昨晩深夜までのセミナーだったのでさすがにぐっすり眠れました。
毎日の習慣もありますが起きたのは6時半、食事の影響もあるのだろうか目覚めも心地よかった。

午前中、お昼と昨日のように講義と演習、基本的に座りっぱなしなので腰と背中が痛い。
そして今晩は成功の9ステップのビッグイベントの一つ火渡りだ。

まず、木材に火をつける儀式からはじまり、いよいよ火渡りの始まりだ。
2014
※画像はイメージです。

ホテル前の海岸の砂浜で行われるのだが、ホテルのベランダからそのやっている風景が見える。
みんなで「Yes、Yes」と叫んで炭火の上を歩くわけだが、絶対変な宗教だと思われてる(笑)

そしていよいよ私の番が迫ってきた。
炭火の道として約4mほど炭火は800℃あるらしい。
250名ほどいるので次から次へと歩いていくのだが、私の直前で歩くのを止められさらに炭を盛られた!

なんてことだ!
よりによって私の前で炭をくべるかー!と心の中で叫んだ。

そしてスタッフからGoがでて、志を持って突き進んでいった。
2月の砂浜を裸足で待っていたせいか、全然熱くない、なんだこんなもんかと思った瞬間に熱いと思った。
そうなのだ、気を抜いた瞬間に熱いと思ったのだ。

そしてこの火渡りが終わった後にセミナー会場に戻りみんなで感想をシェアした。
すると何人かお土産(火傷)を貰った人がいた。
話を聞くと最初からなめてかかっていたり、途中で気を抜いた人がお土産を貰っていた。

私はこの火渡りを成功の道として定義し起こったことを意味づけた。

私の前で炭をくべられたのは、そんなに簡単に成功することは出来ないよ、いきなり課題がでることもあるんだ、でもそれを強い信念を持ちクリアする人だけが成功するんだ、そして成功の途中で上手くいっているからと言って油断してはいけない、最後までしっかり志を持って突き進んで行かなければならない。

私は今回の火渡りについてはこう意味づけたのであった。

そして、セミナーはこれで終わりでは無かった。
ある意味ここからがセミナーの1番のイベントだった。

2日目後半へつづく

成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました 1日目

1日目のセミナー初日

昨晩は熟睡とはいかず何度か起きた。
ちょっと興奮しているのだろうか、寝る環境が変わったからなのか何度も夜中目を覚ました。

IMG_3172
目を覚まして外を見ると絶景。
日の出がとても美しかった。

そして朝食に愕然とした。
噂では聞いていたがまさかたったこれだけとは・・・
フルーツ食べ放題とか果物ジュース飲み放題だと思ってました。
mo

そして、セミナーの説明が終わり、いよいよセミナー会場へ
会場に入った途端に驚いた!
なんと、そこはディスコホールのような感じ
なかば強制的に踊らされた・・・
ノリに乗れる人、乗れない人とめちゃめちゃ異様な雰囲気だった。

数分間踊った後にようやくセミナー開始
再参加の人はそのテンションについていけるのでしょうが、さすがに私は面喰いました。

セミナーの内容は割愛するが休憩らしい休憩も無く、昼食と晩御飯の時だけが唯一の休憩でした。
そして、こちらも噂に聞いていた通り、終わったのは深夜2時。

普段、甘い仕事生活を送っている私にはクタクタだった。
ここからお風呂に入り、寝たのは夜中3時前。

この時点でセミナーの内容もさほど私には面白くないし、再参加する人の気持ちがわからなかった。
私なら現時点で絶対と言っていいほど再参加は無いと思っていた。

セミナー2日目につづく

成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました

プレイベントから参加したので合計5日間でしたが非常に中身の濃い5日間でした。

プレイベント当日は朝軽く仕事をして10時に大阪を出て、東京そして、そこからバスで千葉の鴨川まで向かいました。着いたのは4時過ぎさすがに疲れました。
途中、東京でお昼ご飯、成功の9ステップでは肉系は出ないと聞いていたので最後のお肉(ハンバーグ)を食べました。

そしてホテルに到着し、部屋に行くとなんと6人の相部屋、相部屋を申し込んでおり4人ぐらいだと思っていたのだがまさか6人とは・・・
部屋は海が見える絶景のお部屋。

IMG_3169

そして軽く汗を流しに温泉に温泉も露天風呂では海が見え最高の景色でした。

そしてプレイベントセミナー、ビュッフェ形式での食事会。
ここでは軽く鶏肉やら魚がありその他はほとんど野菜と豆腐でした。

お腹が膨れたようなでも満足感がなくなんか微妙な感じでした。

テーブルに座った近くの人と名刺交換をすると北は北海道からと南は沖縄からとみなさんすごい意識が高い方だなと思いました。

部屋に戻ると相部屋の新しい人が到着し、お話しを聞いてみると大阪の人、しかも年齢が一緒なので、すぐに意気投合しました。
話を聞くと大阪の有名ビルでの焼き肉屋さんを経営されてる方。
社員に対して扱いも悪いし、売上げ的にも非常に厳しく自分の意識を変える為、参加したとのことでした。

みなさん、色々と悩みをお持ちなんですね。
パッと見儲かってそうな場所なんですが、中身はわからないものですね。

その他にもこの部屋はたまたまなのか私を含め大阪組が4名いました。
他の2名の方はとても若い方でした、私のご近所さんもおられビックリです。
世間は狭いですねー

いよいよ明日から本番のセミナー
毎日夜中2時まであると聞いていたので早めに就寝したのですが枕が硬かったりで何度も目が覚めた睡眠でした。

さて、いよいよ1日目のセミナー
つづく

興味のある人はよかったら見てください。
ここから申し込むと紹介者ありで、少し安くなるみたいです。

経営者って孤独

私は独立して12年目になります。
当初は6畳1間のワンルームで生活と仕事をしていました。

今では事務所も構え、スタッフも8人ほどいるようになりました。
もし、経営者が私ではなくて、経営の神様と言われる、松下幸之助氏だったらどうだったでしょうか。
きっと、もっと早い段階でスタッフ8人になっているし、今では全国に店舗が
あるお店になっている可能性もあるかと思います。

何が言いたいのかというと、我流でやるよりその道のプロに徹底的にアドバイスを貰いやっていった方が早いのかなと思うのです。

例えばゴルフ
テレビなどで見よう見まねでやってもなかなか成長しませんよね。
挙句の果て、へんなクセがついてしまい、その後コーチに教えて貰ってもクセが抜けなく、一から教えて貰う羽目になり、余計にレッスン代が高くついたり。

やはり、自分より優れていると思う経営者に聞いが方が早いのです。
コンサルじゃなく経営者です!

松下幸之助氏の面白い、エピソードがありました。
晩年、雑誌の取材で「何かひとつ夢を叶えるとしたら何を望みますか?」と質問されたところ「今の全財産を渡すからもう一度二十歳に戻して欲しい。それが出来たら私はもう一度今と同じだけの財産を築いてみせる。」と答えたと言う。

経営での成功の仕方を知っているんですね。

私も起業した当初はどこにも誰にも頼ることなくやってきました。
というか、それが普通と思っていたので、聞くということも教えて貰うことも頭に無く、ただただ孤独にやっていました。
知っていたらすぐに教えを乞うていたと思います。

2005年頃にインターネット通販に特化した会があるというのを知りすぐに入会しました。
そこでは、ネット通販でのテクニックや経営に関しての勉強など学ばして貰いました。
そこにはすでに成功している人もおり素晴らしい仲間が出来ました。

だからだと思うのですが、今現在もこうやって事業を継続出来ているのかと思います。

これからも自分の地位、実績を高めるために色々な会にも参加し成功している人からアドバイスを貰おうと思います。

また、素晴らしい仲間を作っていこうと思っています。

2月に行く「成功の9ステップ」ライブセミナーでも素敵な仲間が出来れば嬉しいなと思ってます。

将来もこのブログが起点となりお会いしてお互い切磋琢磨できる仲間になれればいいなと思ってます。

ジェームス・スキナーの「成功の9ステップ」オーディオコースと 「経営者育成塾」を聞いてみて

最近、ジェームス・スキナーの「成功の9ステップ」オーディオコースと
経営者育成塾を聞いています。
ad301815-img448x600-1415431627lvkkj619342

product_extra

その経営者育成塾の話しの中で当たり前だけど
すごく大切な事を話していたので書こうと思います。

利益について
100円で商品を売って、利益は仮に10%として10円
では価格を5%(5円)上げると利益は何%アップするのかという話しで
仮に2円利益が出たとしたら利益率は何%アップかと言うと20%アップ
ということですよね。
これってすごいことですよね。

みなさん、値下げの話しは良くするけど、値上げとなると
よく聞くのが「うち値上げ出来ないんですよねー」って
なんでやねん!って思います。

いかに安く売ることしか考えてないんですよね。

でも、本当はいかに高く売るかを考えないといけないし
それが自社の強みにもなる。

私も昔はいかに安く売るかを考えてました。
それが自社の強みだと。
でも、それって他社がうちより安く売るとあっけなくお客様はそっちに行きます。
つまり、お客様はうちのお店を価格でしか判断していないんです。
実際にやったからわかることです。
私の場合、自分で頭打たないとわからないので実践主義です(笑)

だからこそ今があって、安く売ってはいけないと思うし、どうすれば高く販売しお客様を満足させることが出来るかを
考えてます。

これだけだったら、他社と比べてそん色ない商品だから高く売れないとか・・・
商品企画の段階で会社のスタッフみんなで色々と案を出して考えてます。

まだまだ、答えは出てないですが、自社のこだわりって言う部分をもっと突き詰めて考えたいと思ってます。

成功の9ステップワンデーセミナーに参加してきました

この時点で「成功の9ステップ」ライブセミナー 4日間は参加すると決めました。

復習を含めて書きます。
私自身の本音で書いてますので、誹謗中傷等はしないでくださいね。

7つの成功法則というのがあります。
■書けば叶う
■決めるのが先、考えるのは後
■決断のスピードは成功のスピード
■お金は取り返せるが時間は取り返せない
■チャレンジが大きいと大きく変化が出来る
■紙に書くと決断出来る
■具体的な日付けを決断すると叶う

■最初の書けば叶うということで、セミナーで書きました。
世界を相手にした事業を展開していきたい。
スタッフが生き生きと楽しめる会社にしたい。
お客様が笑顔になる仕事をしたい。
裕福な暮らしをした。

■なぜ?
ドキドキ、ワクワクと知らない人と仕事をしたいし、自分が今までサラリーマンをやってきて、そんな感じで仕事が出来ていないから。
喜ばれると嬉しいから。
お金でキリキリするのはイヤだから。

■決断の中でもう受け入れられないものは何か?
仕事から逃げる、今仕事に集中して将来遊べばいいのにすぐ逃げてしまう。

■もし10年先もこのままなら予想する。
仕事の成功も失い家族もスタッフも幸せに出来ず、あの時一生懸命やっていたらと思う。

これを書きながらゾッとしました
後悔ってこういうことなんですよね、きっと。
あの時こうしとけば良かったとか、行動をおこしての後悔は無いらしいので動かないとダメですね。。。

今と違う結果が欲しいなら、今と違うことをやれ!

夢実現の3つのポイント
新しい知識
新しい行動
新しい仲間

新しい知識を得て、仲間、行動を変えるということは、現状の環境から何かしら変えないといけないということですよね。

知識は常日頃得ていると思っているので、行動を変えていきたいと思います。
そうすればおのずとそこに仲間が出来るのかなと思ってます。

ワンデーセミナーはあまり「勉強になったー」って感がありませんでしたが4日間のライブセミナーに行こうか悩んでいる人を見ると少し前の私みたいで客観的にみると面白かったです。

「すごく良さそうだし、いつかは絶対に行こうと思ってる」と
私もそんな感じで悩んでました。

でも、決断した今は
どうせ行くんだったら早い方がいいのに何をいい訳をたくさん考えているんだろうと思いました。

ほんと、決断って良くも悪くもでしょうが、早く決めるに越したことはないなと思いました。