Airbnbのセミナーに行ってきました

私は経験には勝てるものは無いと思っている。
だから、早く行動を起こして経験を積んで行きたいといつも思う。

経験したこと無い人間がいくらその事について述べても説得力がない。
例えば、付き合ったこと無い人間が異性について述べても全く説得力がない。
逆に今まで20人付き合った人の方がはるかに説得力がある。

これはもう今からなかなか追いつくことが出来ない現実だ。
だからこそ、少しでも早くはじめて経験しながら微調整をしていけばいいと思っている。

今回のAirbnbについてもそうだ。
色々調べていると早くもコンサルみたいなのも出てきた。
私も正直、そっち側に回りたいが経験が無いと説得力も無い。
だからPDCAを早く回して経験値を積んで行こうと思う。

Airbnbについて色々調べると各地域でセミナーらしきものをやっていた。
そして、そのセミナーは結構人気で定員が埋まったらしく追加で募集をしていたので有料だったが早速申し込み、一昨日に行ってきた。

ビジネスホテルの会場であったのだが、20名くらいが来ていた。
少し話す時間があったので周りの人と話をしたがマンションオーナーや不動産関係も複数人いた。

やはり、このビジネスに魅力を感じているんだろう。

普通に考えるならホスト(部屋を貸す側をホストという)として事業をやっていくのだがAirbnbに関してはお掃除、部屋の管理、問い合わせ等の代行業などいろんな携わり方がある。

なんにせよ、まずはホストとして経験しその後の事業展開は色々と模索して行こうと思ってる。
そして、この時点でホストとして登録して4日ほど経っているが問い合わせがない。

それについてノウハウを色々と教えていただいた。
やはりというか、ここはネットショップの集客と同じだなとつくづく感じた。

レビューが無い時点での戦略を考えてやっていこうと思う。

セミナーの最後は高額セミナーへの勧誘だったが
これが想像していた以上に高い金額だったので驚いた。
エキスパートコース190万
通常コース150万

まぁ、一般人には出せないが不動産投資をしている人、マンションオーナーには安い金額なのか・・・
私は一般人なので、これだけのお金があれば部屋借りて経験積んで行った方がよほどマシだと思ったし
こんな高額払うなら徹底的にマンツーマンで教えて欲しいと思った。

私がやるなら徹底的に責任を持ち、いくらいくら売上げ(利益)が出るまで付き合いますとまでは言うつもりだ。

確かホリエモンも言ってたよな
寿司を握るのに何年も修行する必要はないって
寿司アカデミーにでも行って、自分でお店を持ってやりながら修正して行った方がいいって。
いや、勉強が先というのはわかる。
勉強はある程度は必要だとは思うがある程度でいいと思う。
諺でもある「習うより慣れろ」

実践より強いものは無い
これから先も色んなトラブルが起こるだろう
だからこそ、それが血となり肉となるんだ。
こんな嬉しいことは無い・・・

ウエルスダイナミクスにて個人コンサルをやって貰いました

先日、プロファイルテストを受けてからの個人コンサルを知人にやってもらいました。
自分の人生について、このブログでも書いていましたがイマイチはっきりしない部分がありました。

それは、自分は何がやりたいのかっていうことです。

よく、余命1年だったら何がしたいとか、お金がたくさんあったとしたら何がしたいとかお金を貰えなくてもすることって何?とか言われて全然思いつきもしませんでした。

そして今回、それがようやっと判ったような気がします。
現在の仕事はネットで果物を販売しているのですが、普通に販売しても競合がたくさんいるしいかに売り方、見せ方を変えるかというのを考え、フルーツをデザインするのが私の使命かと思ってもいたのです。
でも今回、スタッフが一気に辞めふとこのまま、この業界から足を洗おうとも考えたのです。
だから、私がやりたいことはこれじゃないと思ったのです。
でも家族もいるしご飯を食べて行かないといけないので、今の仕事を続けることにしました。
今の仕事が嫌いではないので、どちらかというと好きです。

そんな中、コンサルさんと話をし、「アイデアを出すこと好きじゃないですか?」と聞かれました。
おぉ、確かに好きですし、自然とご飯を食べにお店に入った時も私だったらこのお店(商品)の売り方をこうするとか色々考えちゃいます。

先日も初対面の人に「アイデアマンですね」と言われましたし。
そして今回のプロファイルテストでもアイデアを発展させるのが得意と出ています。

さらに絞ると、食品業界で人生の大半を過ごしたせいもあり、食品以外ではあまりトキメキもありません。

ここで一つの結論に達しました。
私は食品業界においてお店、商品をプロモーションするコンサルタントになってみようと思いました。
もちろん、いきなり有料ではいきませんが成果報酬的な感じとか助成金を用いての補助とか出来ればいいなと思ってます。

まずは情報発信が大切、このブログで発信していきたいと思います。
大阪近辺にて、飲食業、食品業界の方でお店の売上げ、利益に困っていらっしゃるかたが居ましたらぜひ、お声掛けください。

私で良ければ親身になってご提案させていただきます。
私の実績について最近の分を書いてませんが、2013年には商品、私含め7回ほどテレビに出さして貰いました。
そして昨年末、今年4月にはインターネットサイトにて賞をいただきました。

それなりには実績はあるはずです(笑)

近日中には小規模事業者持続化補助金というのを申請し採択されればそれも事業の柱とし事業者様の助けになれれば嬉しいです。

この件に関しては別日にて、ブログで紹介させてもらいます。

コンサルをしていただき、自分の事が判ったのは大きな収穫になりました。

ウエルスダイナミクスというセミナーに行ってきました

久しぶりの投稿です。
先日、ウエルスダイナミクスというセミナーに行ってきました。
ウエルスダイナミクスの説明については簡単に書きますが、詳しく知りたい人はググってください。
心理学に基づいて人は8つのタイプに別れるそうです。
大きく分けて4つの区切りがあり上下が直感的、五感的。
左右が内向型、外向型。
というのに分けられるそうです。
ウエルスダイナミクス01

例えば、コツコツやる仕事が好きな人も居れば、新しいことをどんどんやりたい人もいる
フランチャイズ展開に長けている人も居れば、ディズニーランドのようにその1つのものを大きくすることに
長けている人がいる。

成功は人それぞれ、やり方があり自分のタイプに合ったやり方でないと成功しにくいとのことなのだ。
成功者によっては真逆のことを言っていることもある。
例えば
ウォーレンバフェットは
「忍耐と性格が富を生む」

スティーブジョブスは
「革新が富を生む」

と言っているそうです。

自分の周りでも、思い当たる節があるのではないでしょうか?

そう言った成功本やセミナーなどを真に受けやっていると
自分と合っていないやり方ですると成功しにくいとのことだ。

例えば、マイケルジョーダン昔は野球をやっていたが、それほど有名ではなかった。
しかし、バスケットボールに移ると一躍、超一流の選手になった。

ようは、自分に合った戦場で戦わないと、成功は望みにくいということだ。

そしてこのウエルスダイナミクスというものを使って、自分はどんな人間なのかを知り
その特性を活かし、自分に無いものを他の人で補おうというものだ。

まず、富というものについて簡単に説明する。
富とは何ぞやということだが

富はお金では無い。
お金は自分の生活レベルに合わせて増えたり、減ったりする。
宝くじに当たった人が1年以内に大部分を失う確率が高いのも身分相応では無く
ついつい浪費してしまったり、無駄なものに投資して誤った方法で使用しているからだ。

反対に真のお金持ちから全財産を奪ったとしても、その人らは驚くほど短期間で元通りのお金を
得ることが出来る。

富とはつまり自分が所有するお金を全て失った時に残される物の事です。

知識だったり、経験だったり、才能、仲間など

富の方程式
富=自分の価値*他人の価値

わかりやすく川で例えてみよう。
川ってなんでしょうか?

水?

違います。

その水がなくなったら川っていいますでしょうか?

川とは2つの性質から成り立つものです。
落差、高い所から低い所へ、そして幅です。

これと同様にお金のフローも富によって決まります。
お金は価値の違いが存在するところで流れが生まれます。
高い価値から低い価値に向かって流れます。
価値とは川の高さであり、フローは常にレバレッジ(他人の価値)の効果によって決まります。
レバレッジとは川の幅とイコールになります。

例えばペットボトルの水
あなたは山に汲みに行きますでしょうか?
ほとんど行かないですよね、自販機やコンビニで買いますよね。

世界中のお金持ちは価値を創造して、レバレッジを使うことによってお金のフローを作りだしています。
そしてその方法が皆、ウエルスダイナミクスの8つの方法のうちの1つを用いているのです。

今回、ざっとこのような話を聞いてきたのですが、すごい納得できる部分があり
自分を知ることができ、何が足らないかも少しだけですが見えてきました。

本格的はテストは近日中に受けるのですが、講師に言われたのが私は多分「クリエイター」だろうとのことです。

クリエイターの強み
理想主義
創造力がある
楽観的
刺激的
まわりの人たちに活気を与える
可能性にフォーカスする
視点が高い
物事をスタートさせるのを得意とする

クリエイターの弱み
時間の意識に欠ける
まわりの人たちの達成能力を楽観しすぎる
指示・表現が大まか過ぎる
予算を度外視する
ルーチンワークを好まない
物事を完了させるのを苦手とする

(ウエルスダイナミクスオフィシャルサイト参照)

とのことだけど、当たっている部分が大きくある。

だから、その弱みの部分を一生懸命やるより、自分の強みを活かして弱い部分はそれに長けている人で補おうというのが
ウエルスダイナミクスということらしい。

簡単にテスト出来るみたいなので、やってみると面白いですよ。
http://jwda.org/index.html

だから、最初に言った自分に合う成功本やセミナーに行かないと成功しにくいというのは
このことだと思う。

私自身ももっと自分をしり、そこを徹底的に磨いていこうと思う。

なぜ、あなたの年収や夢が叶わないのか

9ステップから2週間が経ち、昨日フォローアップセミナーがありました。
9時から11時がフォローアップセミナーで18時からが懇親会があり、折角の日曜日で嫁さんにちょっと怒られながら参加しました。

たまたま、となりの席が黒ポロの人が座り、色々とお話しをした中でこれが足らないから年収や願いが達成しないのかと思ったことがあったので、書き止めておこうと思います。

今後、どのように成功していきたいかを聞かれ年収をまずは1000万そして5年10年後には3000万円取りたいといいました。
なぜ、その額が欲しいのか聞かれ、車を買いたいとか、いい時計が欲しいとか、家を買いたいなどなど話しました。

そして、それが何故欲しいのか聞かれると答えることが出来ませんでした。
そこで言われたのが決断が弱い、欲しい理由が弱すぎると言われたのです。

その方は最近仕事を辞め、辞めた理由が自分の生き方にそぐわないから辞めたと言いました。
年収が下がったとしても、その生き方をしたくなかったと言われた時に、昔の自分を思い出しました。

私も以前、会社を辞めた理由がそのような理由だったのです。
20歳くらいの時にコピーの定期点検の会社で働いていました。
仕事としては1か月のコピー機の定期点検と電話で修理の依頼があった時の修理訪問でした。

1か月の訪問数は決まっており、どのように訪問するかは自由でした。
毎日平均的に行く人もいれば、前半固めて頑張って、後半はゆっくりする。その逆の人もいたりでした。

私は前半固めて頑張るかたちをとってました。そんな折こんな楽して仕事してていいのかなと思ったのです。
この会社で頑張ったところで給料が増えるわけではないし、かと言って自分の能力をフルに発揮しないまま人生を終わらすのは嫌だなと思い、転職に踏み切った過去がありました。

もう、こんな生活を受け入れないということです。

そう言った理由じゃないので達成しないと言われました。
それは言われる通りで、会社を立ち上げた頃は世間一般の収入になるまではがむしゃらに頑張ってたような気がします。
今は贅沢できるほどではないが、世間一般の収入になり、休みもそれなりに取れるしそれで満足している自分もいるような気がしています。

今回の9ステップの中で1番大事なのが決断と言われました。
受け入れないものを決め、達成したらいいなでは無く「絶対にやるのだ」と決めその理由もしっかりしたものにしないと達成しないとわかったので、その決断をしっかりとしたいと思いました。

そして今ここに書きます。
考えながら書くので全然まとまってないけど、書いたどれかが引き金になり決断出来ればいいなと思ってます。

私は1年以内に年収1000万円とる。
なぜそれが欲しいのか、それ以下を受け入れない理由は

いっつも嫁にもっと家に入れるお金を上げてと言われる。
自分の貯金が全くない。
服など買い物をする時、まず値札を見てしまう。
買い物をする時、安い棚から見てしまう。
食事に行った時、高そうなお店は頭から除外する。
食事のメニューで高そうなものを避けてしまう。

人生においてそれはどうなんだろう?
生活費が少ないと家庭に歪みが生まれ、ブチブチ言われ夫婦生活がうまく行かなくなる。
無限健康の食事をしているが、野菜などが買えなくなり、健康の状態も悪くなる。
理想は無農薬とか有機野菜がいい。
そして水道水じゃなく、ミネラルウォーター系の水を家でも会社でも飲みたい。
子供を贅沢に育てたいと思わないが、やりたいことはやらせて将来の可能性を広げてあげたい。
私自身も定期的に自己啓発系のセミナーに参加したい。

はたして上記に1000万必要なのだろうか?

具体的に考えてみる生活費30万円くらいあればいいのかな?
これを書いてその夜、嫁に話を聞くと子供の貯金や保険も掛けたいので35万あればと言われた、現状では赤字と言われた。

2,3年以内に貯金を300から500万円ほど貯めたい。
会社や私に万が一があった時、ここから捻出できるくらいの金額をためておきたい。
そう考えると500万円くらいあったほうがいいのか会社300万、家200万。
では、それを3年で貯めるとする。
1年で170万ほど貯金しないといけない、1か月約14万円
3年すると504万円だ。

子供の習い事、教育費をネットで調べてみた。
4歳平均で62万2歳で51万、年間かかるみたいだ。
あくまで平均なのでこれに習い事をさせると考えると2人で5万円くらいはいるのだろうか・・・
ちなみにエグザイルのダンススクールでダンスとボーカルを学ばせると2万円だった。
衣装や送り迎えを考えると1人3万円合計6万円と計算する。

自分への投資
仮に9ステップS席25万円、メガイベント90万円、その他の自己啓発系50万円旅費など入れると1年で合計180万円ほどだ。(月15万円)

あと考えると週末は外食をしたい、そして年2回は旅行に行きたい。

外食は行く場所によるが1回1万円とする。
現在行っているイオンのフードコートでお昼を食べたり、夜スシローに行ったりする分を考える。
子供は回らない寿司屋を知らない(笑)
現時点ではこれで計算する

月4回4万円
旅行も行く場所にもよるが年1回海外旅行と考えると60万円あれば今は大丈夫だ。
子供が大きくなればもう少し負担が大きくなると思う。(月5万円)

上記で計算してみた
年収
おぉ、年収でいうと948万円となった。
税込で考えると1000万以上は必要だと思う。

これでいいのかわからないが、今までの生活は受け入れず1000万取ると決断する。

成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました 4日目(最終日)

いよいよ最終日、終わってみればあっという間の4日間でした。
最終日は時間管理であったりコミュニケーションのスキルの勉強をした。
そして4日間の感想をシェアした。
みんないろんな思いがあってここに来て、どれだけ変わったのだろう。
そして、自分自身は涙もろくなった。
色んな人の話を聞くと涙がボロボロ出てくる。
私も挙手して、シェアしようとちょっと思ったけど、絶対に泣いてしまうと思い
手は上げなかった。

今までも感謝などの感情はあったのだろうけど、それがストレートに出るようになったのだろう。

帰りはバスで大阪チームと一緒に帰ったのだが、お弁当が出た。
開けてみるとやっぱり果物だけだった(笑)

大阪到着予定は翌朝6時ということだった。
そしてバスで休憩の際、みんなで晩御飯を食べたのだが、早速無限健康は破られラーメンだったり、どんぶりだったり久しぶりのシャバのご飯は美味しいと思った。

バスは約2時間おきに止まり、トイレ休憩などがあった。
そして大阪に着いたのは予定よりかなり早く5時過ぎだった。
予定ではそのまま会社に直行する予定だったが、あまりにも早かったので、家に帰りシャワーを浴びて会社に行った。

そして、毎朝しているのだが朝礼をしている時に、今回3日間会社を空けたことに感謝を伝えると思わず泣いてしまった。

普段も出張などで3日間くらいあけることがあり、感謝は伝えたりしていたが、泣くことはなかった。

今まで支えて貰っている思いとここ最近、一気に人が辞めそれにもめげず会社に残ってくれていることへの感謝で涙が出たのだと思う。

今、残ってくれている社員を大切にしたいと心に誓った。

成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました 3日目(後半)

3cmの松材を割るというイベントがあった。
下は中学1年生の男の子、上は60代の女性などが参加していた。

板を貰った時、こんな厚さの板が割れるのか不安だった。
板には今後あり得ないことを書いた。
行動しないこと、自信が無い自分、知識のない自分、決断しない自分とのお別れだ。

総勢約250名ほどの人がいたのだが、8割、9割の人が手のひらで割っていた。

私自身も失敗は出来ない、必ず割ってやると思っていた。
そしていよいよ私の番が来た。
やり方は聞いた、思いっきりいかないと手が痛いとも聞いていた、渾身の力を込めて腕を振りぬいた!

わ、割れない・・・

もう1回やらして貰える

さらに力を込め、エイッ!

う、うわぁー割れない 😐

否応なく、足元に板を置かれ、足で割った。
正直、めちゃくちゃショックだった、これで目標が達成されない気がした。

ita

そして全員が終わり席につき、ジェームスが成功した人と挙手を命じた。
私は手で割れなかったので、挙手しなかった。
するとジェームスは私の所に降りて来て、板を手に取り「成功してるやん」とみなの前で板を上にあげた。

そして、ジェームスが今の講義はアプローチの改善だろ!
「その方法でうまく行かなかったら方法を変える」
これがアプローチの改善だろといい、壇上に戻り、板をトンカチでバンバンと複数の板を割っていった、これがアプローチの改善、と言ったのだ。

その時にハッと気づいた、私は手段が目的になっていると手で割ることにめっちゃ執着していたのだ。
このやり方で達成しないとダメなんだ!みたいな感じで。
でも、板を割ることが目的だったら、どんなやり方でもありなんだ。

それを教えて貰った。
これで、自分が手で割っていたら、他の人が割れなくジェームスが同じ説明をしていても自分は手で割ったことに満足し、その話を聞き入れてなかっただろう。

ある意味、私が割れない事にすごく意味があったと思った。

普段の仕事でも、目標に到達するのは簡単なのにやり方に意固地になりなかなか到達していないことがあるのかもしれない。

もっともっと頭を柔らかくしないといけないなと思った。

成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました 3日目(前半)

早いもので今日で3日目、今日入れてあと2日で終わり。
初日はこのセミナーのリピートは無いという感想だったけど2日目終わった時点では0(ゼロ)の状態、まぁ行ってもいいし、別に行かなくてもって感じ。

3日目は昨日の続きだが、その前にジェームスの講義が少しあった。
その中で言われたことで私は涙した。

あなたは毎日100%で生きていますか?と言われたのだ。
普段、あまり意識せず生きていて、ここへ来ての毎朝のダンス100%でやっているのか
ダンスが終わったら100%?
このセミナーが終わったら100%?
学校を卒業したら100%
次の仕事に就いたら100%?
明日から100%?
今、100%出せない人間がその後100%出せるか!と言われたのだ。
それを言われた時に今までの自分の人生や昨晩のミッションインストール今から始まる、私のミッションインストールのことが頭によぎり100%やっていないし多分、インストールが始まってすぐはOKが貰えないだろうから100%は出さないでおこうと思っていた。
そんな自分が居て、一生懸命やっているなんて嘘やんか!他人は騙せても自分にウソはつけないそう思うと思わず涙が出てきた。

私は今までほぼ100%で生きてきたという自覚が無い。
そんな自分を戒めてもらい涙したのだ。

そしてミッションインストールが始まり、思わずチームみんなの前で泣いてしまった。
100%やっていなかった自分が相手に対して申し訳なく思ったのだ。

それからは常に100%の気持ちでミッションを叫んだ。
有り難いことにすぐにOKを貰えず「100%なのはわかるでも、うえちゃんだったらもっとイケる」と言ってくれ自分でも満足いくミッションインストールができた。

そして次に女性がインストールを開始した。
そうこうしていると、他のチームではすでに全員がインストール完了していたり3名が終了していたりと差が出てきたのでチーム変えが行われた。

そして再編成後、現チームの二人と別れた。
再編成後のチーム構成は男性3人女性1人になった。
男性のミッションが終わろうとしたところで元チームの女性がミッションインストールをやりなおしたいと言い出した。
というのも初日にインストールしたのだが、初参加で1番目ということもありどんな感じでやったらいいかわからなかったのだと思う。

そしてその女性のインストールの時、私を含め男性3人は必死に応援した。
ミッションをやっている最中にスタッフが寄って応援する側に訴えかけてきた。
女性が一生懸命、愛を伝えているのに愛で返しているのか!嫁さんを愛すように優しい心で応援しているのかと言われた。

もちろん一生懸命は応援していたが、正直、愛では返していなかった。
当たり前かも知れないが他人なのである、だから嫁を愛すようにはしていなかった。

そんな他人行儀な失礼な応援をしていたかと思うとまたまた申し訳なく思い泣いてしまった。
愛を伝えているのに、全く愛で返していない自分が全然できていないなと思い、涙が出た。
そしてその感情とともに普段、私を支えてくれている嫁さん、会社のスタッフの事を考えるとまたまた涙がでてきた。 もちろん普段から感謝はしているのだが、心の奥底から感謝しているかと言われれば出来ていない、そう思うと全くダメだなと思った。

そしてその後はその女性を嫁さんと思い愛で必死で返した。

ミッションインストールについては泣きまくった講義であった。

3日目後半につづく

成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました 2日目(後半)

火渡りも無事終わり、セミナー参加者全ての人がファイアーウォーカーになったわけだ。

そして、ビッグイベントの2番目ミッションインストールだ。
何かというと自分の人生の目的を考え明確にし、それを自分の中に落とし込む作業だ。

自分の人生の目的って、ここ最近はそんな事を考えたりしてたけど3カ月前まではそんな事考えた事もなかった。
自分が生きてる目的、何を達成しようとしているのかなんて全くもって考えたことがなかった。
でも、色々と書籍等読んでみると重要さを痛感した。

ようは自分はどこに向かって人生を歩んでいるのかと言う指標だと思う。
それが無いと日々過ごしているだけ、ジャングルの中を進んでいて本来は北の方角(ゴール)とか決めて進まないといけないのにただ単にジャングルの草木を刈って、順調順調と言っているだけなのだ。
これだと草木を順調に刈れても、進んでいる方向が全く違う方向に進んでいるかもしれない。

そう言う意味では迷った時の指標として大切なのだ。

それを今回決めようというのだ。
そして色々考えた。
みんなを笑顔にしたい。
でも、私の今の出来る範囲は私が出会った人だけだなと思い。

私の出会う人が笑顔になること

としたが、ちょっとしっくりこなかった。
というのも、まず自分が幸せじゃなかったら他の人を笑顔にすることは出来ないと思い、まず自分の幸せを入れた。

そして出来たのがこれだ!

私の人生の目的は・・・である。と締めくくるらしい。

私の人生の目的は
私が幸せになり、私の出会う全ての人を笑顔にすることである。

これが私のミッションだ。

そしてみんながミッションを決め、次は自分の中にそのミッションをインストール作業だ。

どういうことをするかというと
一貫性を持って力強くミッションを述べる。そして自分自身と仲間からの合格を貰わないとミッションを叫び続けないといけないのだ。
しかも一貫性を持って声、身体、魂を込めて叫ばないと合格を貰えない。

4人1組のチームを作った。
そして順番にミッションをインストールする人とそれを応援する3人と言う形だ。
私のチームでは男性、女性各2名のチームになった。
そして1人の女性が1番の先陣を切った。

私の人生の目的は・・・である!

1回言うたびにいい所と悪かった点を応援する側が述べる。
例えば声が大きかったよとか笑顔が良かったとかそして悪い点は、後半ダレたとか、感情がこもってないとか・・・

円陣を組んだり、肩を組んで円になったりして神経を集中させる。
チームによってやりかたはバラバラだ。
そしてミッションを叫ぶ度、お祝いを全力でする。よくやったとか。

今回、チームの中に再参加の人がいたのもあり基準が高いなかなかOKを貰えない、私自身もどこまでいけばOKなのかわからない。
女性もだんだん辛くなってきて、泣いていた。
それでもチームみなで励まし、頑張ってもらうのだ。
1時間いや2時間くらいやっただろうか、それでようやくOKを出した。
これを4人全員やるんだ。正直この時点で徹夜になるなと思った。
そして次の番だが私が立候補した。
1人目で他のチームを見ると声を嗄らし(からし)ている人がたくさんいた。
私もきっと声を嗄らすと思い、最初の「私の人生の目的を言います」というところはちょっとボリューム低めでミッションの所だけ大きな声で叫んでいた。
そして叫ぶにしてもまず、自分のミッションを丸暗記しないといけない。
頭で思いながら言うと声が小さくなるし、大声で叫ぶと頭からミッションの文章が飛んでしまう。

頭で勝手に覚えるまではそれなりに時間がかかった。
そして1時間が過ぎてもなかなかOKを貰えない。
言葉が詰まったとか、笑顔にするというんだったら自分も笑顔にならないとと言われたり・・・
この頃にはもう時間の事は気にならなかった。
でも、疲れもあり頭でミッションを記憶出来ない。
言葉に詰まったり、間違ったことをいったり・・・
そしてさらに時間が経った頃、ジェームスから今日は終了という案内があった。
私のミッションは次の日に持ち越されたのだ。

ヘトヘトの体でお風呂場に行き、同室の人と感想を述べ合った。
そして明日もやり直しだけど、いきなり最初からOKは貰えないだろうから30分くらいは頑張らないとだめですよねーなどと言っていた。

そして部屋に戻り即寝した。

3日目につづく

成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました 2日目(前半)

2日目のセミナー
昨晩深夜までのセミナーだったのでさすがにぐっすり眠れました。
毎日の習慣もありますが起きたのは6時半、食事の影響もあるのだろうか目覚めも心地よかった。

午前中、お昼と昨日のように講義と演習、基本的に座りっぱなしなので腰と背中が痛い。
そして今晩は成功の9ステップのビッグイベントの一つ火渡りだ。

まず、木材に火をつける儀式からはじまり、いよいよ火渡りの始まりだ。
2014
※画像はイメージです。

ホテル前の海岸の砂浜で行われるのだが、ホテルのベランダからそのやっている風景が見える。
みんなで「Yes、Yes」と叫んで炭火の上を歩くわけだが、絶対変な宗教だと思われてる(笑)

そしていよいよ私の番が迫ってきた。
炭火の道として約4mほど炭火は800℃あるらしい。
250名ほどいるので次から次へと歩いていくのだが、私の直前で歩くのを止められさらに炭を盛られた!

なんてことだ!
よりによって私の前で炭をくべるかー!と心の中で叫んだ。

そしてスタッフからGoがでて、志を持って突き進んでいった。
2月の砂浜を裸足で待っていたせいか、全然熱くない、なんだこんなもんかと思った瞬間に熱いと思った。
そうなのだ、気を抜いた瞬間に熱いと思ったのだ。

そしてこの火渡りが終わった後にセミナー会場に戻りみんなで感想をシェアした。
すると何人かお土産(火傷)を貰った人がいた。
話を聞くと最初からなめてかかっていたり、途中で気を抜いた人がお土産を貰っていた。

私はこの火渡りを成功の道として定義し起こったことを意味づけた。

私の前で炭をくべられたのは、そんなに簡単に成功することは出来ないよ、いきなり課題がでることもあるんだ、でもそれを強い信念を持ちクリアする人だけが成功するんだ、そして成功の途中で上手くいっているからと言って油断してはいけない、最後までしっかり志を持って突き進んで行かなければならない。

私は今回の火渡りについてはこう意味づけたのであった。

そして、セミナーはこれで終わりでは無かった。
ある意味ここからがセミナーの1番のイベントだった。

2日目後半へつづく

成功の9ステップライブセミナー(ジェームス・スキナー)に参加してきました 1日目

1日目のセミナー初日

昨晩は熟睡とはいかず何度か起きた。
ちょっと興奮しているのだろうか、寝る環境が変わったからなのか何度も夜中目を覚ました。

IMG_3172
目を覚まして外を見ると絶景。
日の出がとても美しかった。

そして朝食に愕然とした。
噂では聞いていたがまさかたったこれだけとは・・・
フルーツ食べ放題とか果物ジュース飲み放題だと思ってました。
mo

そして、セミナーの説明が終わり、いよいよセミナー会場へ
会場に入った途端に驚いた!
なんと、そこはディスコホールのような感じ
なかば強制的に踊らされた・・・
ノリに乗れる人、乗れない人とめちゃめちゃ異様な雰囲気だった。

数分間踊った後にようやくセミナー開始
再参加の人はそのテンションについていけるのでしょうが、さすがに私は面喰いました。

セミナーの内容は割愛するが休憩らしい休憩も無く、昼食と晩御飯の時だけが唯一の休憩でした。
そして、こちらも噂に聞いていた通り、終わったのは深夜2時。

普段、甘い仕事生活を送っている私にはクタクタだった。
ここからお風呂に入り、寝たのは夜中3時前。

この時点でセミナーの内容もさほど私には面白くないし、再参加する人の気持ちがわからなかった。
私なら現時点で絶対と言っていいほど再参加は無いと思っていた。

セミナー2日目につづく